おすすめ記事

節約術

2020/8/16

【超お得制度】ふるさと納税とは!?仕組みから活用サイトまで完全解説

迷えるサラリーマンふるさと納税がお得ってことは知っているんだけど、やり方やどのくらいお得なのかイマイチ分からなくてまだ始めれたないんだよな… ふるさと納税は誰でも得をすることができるので絶対にやるべき!ただそんな方が多いと思うので今回は1から紹介していきます!成り上がりサラリーマン ふるさと納税という言葉はよく耳にしますが、どのような仕組みで何をすればどれだけ得をするのか理解している方は少ないのではないでしょうか。 周りに聞くにしても今更聞けない雰囲気もありますので聞きにくい状況でもあると思います。 今回 ...

ReadMore

資金構築

2020/4/11

【資産形成術】29年間貯金0円の男が1年半で500万円の資産を手に入れた5つの方法

成り上がりサラリーマン私は現在30歳(2019年時点)ですが実はお金を貯め始めたのは最近のことになります。そんな僕が1年半でどうやって500万円もの資産を形成出来たのかその方法を紹介していきます! 上記の内容で偉そうに話させていただいておりますが実際に29歳の頃は貯金なんて1円もありませんでした。 むしろお金が無さ過ぎてクレジットカードを活用して自転車操業でやり繰りしておりました。 今回の内容としては今まで貯金が出来なかった人間が1年半で500万円もの資産を形成出来た理由について紹介させていただきます。 ...

ReadMore

今後の人生論

2020/4/28

【個人目標】2020年の目標公開!この投資法と副業で私は成り上がります

成り上がりサラリーマン2019年は学びの年でしたが2020年は行動の年にしていきたいです!その所信表明も兼ねて2020年の目標を公開させていただきます! 上記でも記載させていただきましたが2019年は仕事やお金に対する考え方や将来に向けての取り組みなど今後の人生を考える時間が多かった年でした。 そんな中ある程度今後の方針が決まりまして2020年の目標が決まりました。 今回の内容としては自分へのけじめとして今回ブログで報告させていただきます。 ちなみに2019年はこちらでした。 2019年の取り組み内容 詳 ...

ReadMore

楽天経済圏

2020/4/10

【楽天ふるさと納税】楽天経済圏+ふるさと納税活用術!2019年に手に入れた返礼品の感想

迷えるサラリーマンふるさと納税の仕組みは分かったけど、どのサイトを使ってどこに寄付したらいいんだろう? 2019年にふるさと納税をしたけど、どのサイトで何をもらったかレビューしていくよ!成り上がりサラリーマン ふるさと納税はお得ということは分かっても、始めるのはハードルがあるのではないでしょうか。 その1つの理由として様々なふるさと納税サイトと返礼品の多さが挙げられます。 そこで今回の内容として2019年にふるさと納税でもらった返礼品のレビューをさせていただきます。 私の例にはなりますがふるさと納税のサイ ...

ReadMore

稼ぐ方法

2020/4/2

【資産形成】経済的自由への方法を解説!ブログで学べる資産を効率的に増やす4つのステップ

迷えるサラリーマン経済的自由に興味を持ち始めたけど、実際にどんなことから始めればいいの? 経済的自由への道と題して主にどのような手順を踏んでいけば近づくことができるのか記事で紹介してきましたが今回はその総集編ということで要点をまとめて紹介させていただきます。 詳しい内容につきましては各項目ごとに詳細の記事を入れておりますのでご興味があればそちらをご覧下さい。 具体的な活動として4つのステップがあるから順番に紹介していくよ!成り上がりサラリーマン 目次 経済的自由へのステップ効率的にお金を増やすには?支出を ...

ReadMore

節約術

2020/4/11

【節税対策】資産形成の4つのステップ〜サラリーマンが税金からお金を守る編!

迷えるサラリーマンサラリーマンなんて税金は勝手に引かれていくから節税なんて無理だから自分には関係ないよ… 税金と賢く向き合っていくことで実はサラリーマンでも節税対策することができるよ!今回はそのポイントを紹介していくよ!成り上がりサラリーマン この会話のようにサラリーマンだからと言って節税は無理なんじゃないかと諦めている方は多いのではないでしょうか。 サラリーマンである以上、税金からお金を守る方法は少ないのは確かですが全くない訳ではありません。 また、節税というのは資産形成を行っていく中で仕上げのパートに ...

ReadMore

株式投資

【株式投資】ETF投資なら外国ETF!おすすめETFと注意点

f:id:nariagariblog:20190927002845j:plain

迷えるサラリーマン
株式投資を始めてみたけど、どの銘柄を選べばいいか分からない…これから株価が上がりそうなおすすめの銘柄が合ったら教えて!
銘柄選びに迷っててお金も増やしたいならピッタリの投資先があるよ!特に株式投資を始めたばかりの方にはおすすめ!
成り上がりサラリーマン

このように株式投資を始めてもどの銘柄を購入すればいいのか非常に迷います。

どうせ購入するなら損せず、むしろプラスにしたいと思うのが普通です。

今回の内容としてはそのような選択肢の1つとしてETF、特に外国ETFがお勧めな理由について紹介させていただきます。

そもそもなぜETFとは?その中でもなぜ外国ETFなのか?の理由とおすすめの外国ETFに関しても解説いたします。

こんな方におすすめ

  • 株式投資の銘柄選びに迷っている方
  • 株式投資を長期的に考えている方
  • 株式投資を始めたばっかりの方
  • 資産運用に興味がある方

以上の項目に1つでも当てはまりましたら是非最後までご覧下さい。

それでは早速紹介していきます。

そもそもETFとは

ETFとは「Exchange Traded Fund」の略になります。

簡単に説明すると株のパッケージ売りのイメージを持っていただけたら大丈夫です。

冒頭でも紹介しましたが株式投資を行う場合どの銘柄を購入するか特に始めたばかりの方だと非常に難しくなってきます。

その中でETFというのは投資のプロ(ファンド)がテーマごとに銘柄を厳選して選びパッケージにしてくれているのでそれを購入するものになります。

ただ、パッケージ売りに関して「ETF」以外にも「投資信託」があります。

投資信託に関してはこちらの記事で詳しく紹介しておりますので併せてご覧下さい。

資産を効率的に増やすなら投資信託 詳しくはコチラ

こちらも簡単に説明すると投資信託を上場させたものがETFになります。

違いについては次の項目で詳しく説明致します。

投資信託との違い

投資信託とは複数の投資家(私達など)からお金を集めて資産運用のプロが株や債券などに投資を行い私たちの代わりに資産を増やしてもらう仕組みのことです。

この仕組みはETFも同じですが細かくみていくと異なる点がありますのでそちらを紹介していきます。

投資信託とETFの違い

ポイント

投資信託:上場していない

上場投資信託(ETF):上場している

となっております。

この違いによって購入する場所が大きく異なってきます。

購入方法

ポイント

投資信託:販売会社を通じて購入(証券会社、銀行、郵便局など)

ETF:証券会社を通じて購入(株式市場

となっております。

投資信託を購入する方法は主に販売会社(証券会社など)にな流ので販売会社によって取り扱いがないものもあります。

一方でETFは株式市場に上場しているので基本的にはどの証券会社からでも購入することができます。

この購入方法の違いは評価額の決まり方にも大きな違いが生まれます。

評価額の決まり方

ポイント

投資信託:1日1回、計算

ETF:株式市場でリアルタイムに値段がつく

引用:https://premium.toyokeizai.net/articles/-/16858

このように一般的に株を購入する場合はリアルタイムで価格で変化しますがETFは株式市場に上場しているので同じようにリアルタイムで変化します。

一方で投資信託の価格が決まるのは翌日になることがほとんどになります。

そのため、それぞれを購入するタイミングを異なってきます。

注文の仕方

ポイント

投資信託:販売会社に申し込みを行う(口数指定/金額指定)

口数指定→1口単位で購入出来る(翌日に購入金額が決定)

金額指定→100円単位で購入できる(翌日に購入口数が決定)

ETF:証券会社に申し込みを行う(指値/成行) 

指値→自分で買値を指定して注文

成行→自分で買値を指定せず注文

図でまとめるとこのようになります。

(非上場の投資信託が投資信託になります)

f:id:nariagariblog:20190928113808j:plain

このことから両者比べても購入するタイミングにもタイムラグが生まれております。

コストに関しても購入時と保有時、売却時にも手数料がかかりますが一般的にETFの方が手数料は安くなっております。

株式投資との違い

大きな違いはリスクリターンになります。

株式投資の場合、銘柄別(各企業)に投資を行うので評価額の変化に大きく影響を受けます。

そのため、価格の差が開きやすいので短期間で大きく利益と損益を出すことが特徴です。
ハイリスクハイリターン

一方でETFに関しては複数の銘柄を購入しているパッケージ売りで分散しているため評価額の変化があまり大きくありません

そのため、価格の差が開きにくく短期間では大きく利益も出ないが損益も出ないことが特徴になります。
ローリスクローリターン

このようにどちらの投資も一長一短がありますがなるべくリスクを抑えて分散して投資するのがETFになります。

ただ、株式投資でも複数の銘柄を分散するすべきですが、その銘柄を買うにも多額の資金が必要になります。

特にこれから投資を始める人資金が少ない人にとってはいきなりそれだけの資金を準備するのは難しいと言えます。

その点、ETFに関してはプロのファンドがテーマやベンチマークごとに分散して投資を行うだけでなく、状況に応じて入れ替えもしてくれます。

さらに株式投資と比べて少額で投資することが出来るというメリットはあります。

 

引用:https://www.daido-life.co.jp/i401k/knowledge/dispersion.html

ただ、個別株と比べて利回りが低かったり信託報酬を支払わなければならなかったりとデメリットもある金融商品となっております。

何故外国ETFがおすすめか

外国の中でも特に米国ETFがおすすめですがその背景として株式市場が非常に成長しているという背景があります。

f:id:nariagariblog:20190928120703p:plain

こちらは過去10年のNYダウ日経平均の株価の推移をみたものです。

日本経済もアベノミクスで株価が非常に上がったと言われていますが、それ以上に成長しているのがアメリカの株式市場となっております。

またこちらはアベノミクス前の日経平均NYダウの株価推移を見たものになります。

f:id:nariagariblog:20190928121030j:plain

先ほどのグラフよりさらに30年前を見たものですが、日本の経済が停滞していた時もアメリカの株価は常に上がり続けていたことがわかります。

そのため、世界で最も成長しているアメリカの経済に投資することが資産を増やしていくために最も合理的な投資先ということがわかります。

外国ETFの注意点

 ・二重課税の問題

配当金を得る際、税金がかかってきますが日本株の場合は20.315%(所得税:15.315%、住民税:5%)引かれた金額を配当金として得ることができます。

一方で外国ETF含む外国株に関しては国内で約20%引かれるだけでなく現地国に対しても税金を払う必要があります。

米国の場合は日本で約20%税金が引かれた後さらに10%の源泉徴収税がかかってしまいます。

そのため、国内株と比べて10%も多く税金を支払う必要があります。

ただ、こちらに関しては外国税控除というものがあり確定申告することで支払った税金が多少戻る制度があります。

詳しくはここでは省かせていただきますが、証券会社に方法が記載されておりそちらのリンクを貼っておきますのでご覧ください。

 

おすすめの外国ETF4選

今まで外国ETFに関して紹介しましたがその中でも特におすすめのETFに関して紹介させていただきます。

おすすめ

  • VYM
  • HDV
  • SPYD
  • VTI

VYM(バンガード米国高配当株
→バンガード社の米国高配当株ETFで大型株の中でも予想配当利回りが市場平均を上回る大型銘柄で構成しているETFになります。

特徴としては

ポイント

  • 経費率:0.06%
  • 配当利回り:3.56%
  • 3年トータルリターン:10.6%
  • 配当月:年4回(3、6、9、12月)
  • 銘柄数:400銘柄

となっております。

誰にでも推奨できるETFとなっており、金融や消費財、ヘルスケアの分野に多く投資を行なっているETFになります。

特に安定して資産を増やしてなおかつ配当金を得たいという人にはおすすめしております。

HDV(iシュアーズ・コア米国高配当株)
→ブラックロック社の米国高配当株ETFでありバンガード社のVYMを意識して作られているETF となっております。

特徴としては

ポイント

  • 経費率:0.08%
  • 配当利回り:3.65%
  • 3年トータルリターン:8.85%
  • 配当月:年4回(3、6、9、12月)
  • 銘柄数:75銘柄

となっております。

VYMと似たようなETFですが投資先が石油関係や通信関係などに比重を重く置いているのがこちらになります。

大まかな印象としてはVYMが将来に対して投資している対してHDVはもっと近い未来に投資しているようなイメージですので好みによって使い分けましょう。

SPYD(SPDRポートフォリオS&P500高配当株式)
→ステート・ストリート社の米国高配当TFであり、S&P500の内配当利回りが高い上位80銘柄を集めたETFになります。

特徴としては

ポイント

  • 経費率:007%
  • 配当利回り:4.73%
  • 3年トータルリターン:8.62%
  • 配当月:年4回(3、6、9、12月)
  • 銘柄数:80銘柄

となっております。

米国高配当株のETFだとこのSPYD、VYM、HDVの3つがビッグ3となっております。

このETFとしては不動産銘柄や公共事業の銘柄の割合が多く他の2つと比べても相対的に安定している業界が多い印象となっております。

VTI(バンガード・トータル・ストック・マーケットETF)
→バンガード社のCRSP USトータル・マーケット・インデックスをベンチマークにしたETFで米国株式市場の投資可能銘柄のほぼ100%カバーできています。

特徴としては

ポイント

  • 経費率:0.03%
  • 配当利回り:1.86%
  • 3年トータルリターン:12.8%
  • 配当月:年4回(3、6、9、12月)
  • 銘柄数:3573銘柄

となっております。

最も人気の外国ETFでこれを購入するだけで米国株をほぼ全て購入しているのと同じになりテクノロジーや金融、資本財、消費財などに多く投資しております。

私の意見にはなりますがVTIと上記で紹介した米国高配当株ETFのどれか1つ(SPYDおすすめ)に投資するだけで効率的に資産を形成することができます。

安定的に資産を構築することができ、なおかつ配当金という金の卵も作っていくことができるので非常におすすめです。

まとめ

今回は外国ETFに関して仕組みとおすすめの外国ETFを紹介させていただきました。 

少額から分散投資をすることができ成長利回りだけでなく分配金も期待出来るという特徴があります

ただ、少額で投資出来るとは言え投資する資金が少ないとそのメリットも十分に活かすことが出来なくなります。

購入先としては特にバンガードブラックロックステート・ストリートこちらの3社が世界最強の投資会社とも言われております。

そのため上記で説明したETFのどれかを購入しておけば間違いはありません。

ただ、いきなり大量に資金を導入して購入する必要はありません。

評価額も日々変動してますので定期的に購入し続けることで将来的には大きな資産になってくると思うので地道に投資を行うことが重要になってきます。

外国ETFの有効な資産形成術してSBI証券を活用したETFの定期買付サービスというものがあります。

以前にそれについて詳しく紹介しておりますので是非併せてご覧下さい。

詳しくはコチラ

SBI証券を活用することで今までできなかった(手数料など)外国ETFの定期買付を行うことが可能になりました。

これによってさらに効果的に資産を形成することができます。

投資全般に関しては是非こちらの記事もご覧下さい。

資産運用マニュアル 詳しくはコチラ

 

-株式投資

© 2020 副業と投資でセミリタイア!成り上がりサラリーマンの情報強者への道 Powered by AFFINGER5