おすすめ記事

節約術

2020/4/10

【ふるさと納税】今すぐすべき超お得な制度!仕組みからメリットまで完全解説

成り上がりサラリーマンふるさと納税は誰でも得をすることができるので絶対にやるべき!ただそんな方が多いと思うので今回は1から紹介していきます! ふるさと納税という言葉はよく耳にしますが、どのような仕組みで何をすればどれだけ得をするのか理解している方は少ないのではないでしょうか。 周りに聞くにしても今更聞けない雰囲気もありますので聞きにくい状況でもあると思います。 今回の内容としてはそんな今更聞けないふるさと納税について仕組みから具体的にどのくらいお得なのか紹介させていただきます。 特にこの制度を利用すると誰 ...

ReadMore

資金構築

2020/4/11

【資産形成術】29年間貯金0円の男が1年半で500万円の資産を手に入れた5つの方法

上記の内容で偉そうに話させていただいておりますが実際に29歳の頃は貯金なんて1円もありませんでした。 むしろお金が無さ過ぎてクレジットカードを活用して自転車操業でやり繰りしておりました。 今回の内容としては今まで貯金が出来なかった人間が1年半で500万円もの資産を形成出来た理由について紹介させていただきます。 以前Twitterでもこのように呟かせていただきました。 とりあえず年末までに総資産500万円という目標は達成。 去年まで貯金なんて全くなかった状態でも固定費の見直しと投資でなんとかここまで持ってく ...

ReadMore

今後の人生論

2020/4/28

【個人目標】2020年の目標公開!この投資法と副業で私は成り上がります

上記でも記載させていただきましたが2019年は仕事やお金に対する考え方や将来に向けての取り組みなど今後の人生を考える時間が多かった年でした。 そんな中ある程度今後の方針が決まりまして2020年の目標が決まりました。 今回の内容としては自分へのけじめとして今回ブログで報告させていただきます。 ちなみに2019年はこちらでした。 2019年は大枠でどのように稼いでいくかについて目標を立てました。 2020年からはそれだけじゃなく、その為にはどのようなスキルを身に付けるべきか、また学習方法まで深掘りした目標を公 ...

ReadMore

楽天経済圏

2020/4/10

【楽天ふるさと納税】楽天経済圏+ふるさと納税活用術!2019年に手に入れた返礼品の感想

成り上がりサラリーマン ふるさと納税はお得ということは分かっても、始めるのはハードルがあるのではないでしょうか。 その1つの理由として様々なふるさと納税サイトと返礼品の多さが挙げられます。 そこで今回の内容として2019年にふるさと納税でもらった返礼品のレビューをさせていただきます。 私の例にはなりますがふるさと納税のサイトの中でも楽天ふるさと納税を使用することで更にお得に活用することが出来ますのでその方法についても解説して行きます。 そのためにもまず楽天経済圏について理解する必要がありますのでこちらの記 ...

ReadMore

稼ぐ方法

2020/4/2

【資産形成】経済的自由への方法を解説!ブログで学べる資産を効率的に増やす4つのステップ

成り上がりサラリーマン 目次 経済的自由へのステップ効率的にお金を増やすには?支出を減らしてお金を貯める方法給料以外に所得を持ち稼ぐ方法お金を効率的に増やす方法お金を税金から守る方法まとめ経済的自由へのステップ   経済的自由を達成するために資産形成ということが重要なポイントになってきますが、大きく分けて4つのステップがあると考えております。 資産形成の4つのステップとして ①お金を貯める ②お金を稼ぐ ③お金を増やす ④お金を守る編 こちらの4つのステップを4部構成で紹介させていただきました。 ...

ReadMore

節約術

2020/4/11

【節税対策】資産形成の4つのステップ〜サラリーマンが税金からお金を守る編!

成り上がりサラリーマン この会話のようにサラリーマンだからと言って節税は無理なんじゃないかと諦めている方は多いのではないでしょうか。 サラリーマンである以上、税金からお金を守る方法は少ないのは確かですが全くない訳ではありません。 また、節税というのは資産形成を行っていく中で仕上げのパートに当てはまります。 言い換えればここで失敗してしまうと損するどころか最悪捕まってしまう可能性もあるので非常に重要になってきます。 今回の内容としてはサラリーマンでも出来る節税方法とその他気をつけておくべきポイントについて紹 ...

ReadMore

資産状況

【株式投資戦略】保有資産の見直し!今後勝つためのポートフォリオを公開

f:id:nariagariblog:20190927000045j:plain

成り上がりサラリーマン
株式投資の軸がようやく決まりました!今回今後の目標から戦略内容について紹介させていただきます!

投資を行う上で最も重要なこととして目標を決めるということを常にお伝えさせていただいておりました。

その意図としては投資の軸が決まっていないと最後に信じれるものがないので効率的に増やすことができません。

また、投資をすることが目的にならずお金を増やしたり貯めたりすることで達成できる目標の手段として考えていただきたかったからです。

今回の内容としては株式投資の戦略が私も決まりましたので目標株式投資のポートフォリオを紹介したいと思います。

私の目標としては経済的自由(セミリタイア)ですので株式投資も配当金重視のポートフォリオになっておりますのでその点も注目していただけると幸いです。

こんな方におすすめ

  • 株式投資に興味がある方
  • 投資を始めたいけど、目的がまだ定まっていない方
  • 株式投資の種類をメリット、デメリットの観点から理解したい方
  • どの銘柄を購入すればいいかわからない方

このような項目で1つでも当てはまりましたら是非最後までご覧下さい。

それでは早速紹介していきます。

投資をすることで達成したい目標

冒頭でも紹介させていただきましたが投資を通じて達成したい目標としては「経済的自由(セミリタイア)」になります。

そもそも経済的自由とはどのような状態なのかはこちらの記事で詳しく紹介しておりますのでご覧下さい。

今話題の経済的自由とは!? 詳しくはコチラ

2019年から本格的にお金の勉強をするようになりましたがそれまでは貯金もなくお金の知識も全くありませんでした

そんな私がなぜ投資に興味を持ったのかについてはこちらの記事で詳しく紹介しております。

私が投資と副業に興味を持ったきっかけ 詳しくはコチラ

ご興味があれば是非ご覧下さい。

ただ、「経済的自由(セミリタイア)」を達成することが目的ですが投資だけでこの目標を達成するのは非常に困難な状況となっております。

そのため、当面の目標としては配当金で月10万円の不労所得を作るという目標を立てております。

次項からポートフォリオを紹介していきますが配当金で月10万円得るためにポートフォリオとなっておりますのでご了承ください。

今世界経済も目まぐるしく変化しておりますので状況に応じてポートフォリオも変更していく予定ですがまずは今後5年間は運用していくポートフォリオを紹介していきます。

ポートフォリオの考え方

今回は株式投資のみのポートフォリオとなっております。

現在検討している投資先としてはこの3つになります。

ポイント

  • ETF
  • 国内個別株
  • 投資信託

大きく分けてこの3つを軸に考えております。

また予算としては500万円を考えております。

もちろん状況に応じてこの予算が増減しますが、今後は毎年500万円の資産を株式投資に移行する予定で考えております。

 

ETFに関しては外国ETFに絞って投資を行っていこうと考えております。

ETFとは!?なぜ外国ETFなのかについては以前にこちらで詳しく紹介しておりますのでご参考に下さい。

ETF投資とは!? 詳しくはコチラ

投資先はその中でも米国市場を考えております。

米国市場ははこの30年で成長し続けている市場なので今後の成長性も含めて投資を行っていきます。

また、分配金も得ることができるのでその点も今回のポートフォリオに入れた大きな要因となっております。

狙っていくファンドも後ほど紹介しますが上記の記事に記載してあるものをベースとして考えております。

国内個別株に関しては高配当株狙いで考えております。

ただ、高配当株というのは素晴らしい投資手法な一方でデメリットが多く存在する一長一短の投資手法となっています。

そのデメリットを補うために活用したいツールとしてSBIネオモバイル証券です。

高配当株のデメリットの1つとして高配当株が成長しきった企業が多くあまり大きな成長を見込めないリスクの高い銘柄が多い状況です。

そのためリスクを分散させるために銘柄も分散して投資を行う必要があります。

大体40〜50銘柄に分散する必要がありますが、企業によっては購入価格も高く資金が必要になってきます。

そん中このSBIネオモバイル証券を活用することで1株から購入することができるのでそのデメリットを軽減させることを目的としております。

活用方法については後ほど紹介させていただきますが、配当利回りが高いことからポートフォリオに入れた要因となっております。

投資信託に関しては主に積立NISAで検討しております。

以前は2037年が投資期限になっていたので開始時期が遅い方だと最大20年の恩恵を得ることが出来ませんでした。

ただ、最近積立NISAの期限が延長になりどのタイミングで始めても20年間は確保出来るようになりました。

www.asahi.com

この制度を活用することで効率的に資産を形成することができるので非常におすすめな投資手法となっております。

この投資手法としてはリスクはあまりないですがリターンもあまりないのでどちらかというと老後の資産形成のような貯金代わりでポートフォリオに入れております。

ポートフォリオの紹介

まず始めに割合資産配分に関してはこのように考えております。

f:id:nariagariblog:20191008000059p:plain

ポイント

  • 日本株:50%(250万円)
  • 外国ETF:30%(150万円)
  • 投資信託:20%(100万円)

以上の割合と金額で考えています。

今回、国内の個別株が大きな割合を占めている理由としては大きな目的である不労所得を作ることが大きな要因となっております。

日本株は高配当銘柄を中心に選んでいますが、1株から購入できる分散投資を行うことでリスクはある程度軽減できるのではないかと考えこのような割合にしております。

また、後ほど詳しく紹介しますが投資信託の投資先としては米国先進国全世界を考えております。

そのため、この割合では国内に偏っているように見えますが投資信託分を入れると割合の半分は外国に投資を行っていることになります。

大まかな割合になりますが国内(50)外国(50)という割合で投資を考えている現状となっております。

投資先別の戦略

国内個別株(高配当株)

上記でも紹介したようにSBIネオモバイル証券を活用してを活用して高配当株狙いの分散投資を行う予定です。

投資先についてはこちらで公開しておりますので是非ご覧下さい。

国内株式投資のポートフォリオ 詳しくはコチラ

年間250〜300万円を予算に投資先の数は40〜50社ほどで配当利回りを4%くらいに設定しております。

この計算で300万円投資した場合、年間12万円の配当金が貰えるように設定していく予定です。

また、購入時期も分散していくので300万円を1年かけて投資していく予定で考えております。

特にこのSBIネオモバイル証券は定期買付機能もあるので基本ほったらかしで月に10万円を2回づつ購入していきます。

その他の購入タイミングは暴落時など大幅に価格が下がった時に個別で購入を検討しておりますのでこちらの結果も随時報告していきます。

株式投資について仕組みはメリット、デメリットについてはこちらの記事で紹介しております。

株式投資入門マニュアル 詳しくはコチラ

是非併せてご覧下さい。

外国ETF

投資するファンドを紹介します。

ポイント

  1. VTI(バンガード・トータル・ストック・マーケットETF)
  2. HDV(iシュアーズ・コア米国高配当株)
  3. VYM(バンガード米国高配当株)
  4. SPYD(ポートフォリオS&P500高配当株式ETF)
  5. VOO(バンガードS&P500ETF)

この5つのファンドに絞って投資を行っていきます。

年間150万円の予算で毎月10万円購入していく予定です。

予定の分配り回りが2.5〜3%なので150万円購入したとすると約4万円になります。

また、ファンド選定の理由は成長配当利回り中心に選びました。

現在のところ、高配当ETFではお馴染みのHDVVYMSPYDを購入することで分配金を重きに置き、VTIVOOを購入することで成長性に重きを置いております。

米国市場に偏りすぎていることもあるので今後は全世界先進国も含めて投資の検討対象としていきます。

こちらはSBI証券の定期買付サービスを活用して運用していく予定になります。

実際の活用方法も以前の記事で紹介しておりますので是非併せてご覧下さい。

SBI証券+外国ETF活用術 詳しくはコチラ

投資信託

投資を行っていくファンドはこちらになります。

被ってくるところもありますがこの3つに投資していきます。

eMAXIS Slim手数料も少なく諸経費も安く抑えることができるので非常におすすめです。

積立NISA分として投資を行っていくので毎月3万3千円の年間40万円

またこれとは別途で毎月1万円の年間12万円買い足していくことで年間50万円を目標に資産形成していきます。

残りの50万円は現在保有しているので毎年積み立てていくのは50万円づつになります。

そもそも投資信託や積立NISAはどのようなものなのかに関してはこちらの記事でも解説しております。

投資信託と積立NISAを解説 詳しくはコチラ

配当金などはもらえないので今の生活を豊かにする投資手法ではありません

ただ、配当金がもらえない代わりに配当金も一緒に再投資することで複利の力を使い効率的に資産を形成することができます。

積立NISAも20年が限度なので最低20年間は投資を行っていきます。

保有総資産の目標

冒頭でもお伝えさせていただきましたが3000万円の金融資産で年間120万円の配当金を得ることを目指しております。

そのため、金融資産と言っても①国内個別株外国ETFの2つを資産での金額として考えています。

投資信託の資産は老後の資金も兼ねておりますのでこの目標には当てはめておりません。

ただ、金融資産を購入するにも気になる資金の出どころに関しましては主に給料だけでなく支出の見直し副業でカバーしていく予定です。

ちなみに2019年から本格的にお金の勉強を行いましたが貯金0円から1年半で500万円の金融資産を作ることができました。

詳しくはこちらの記事で紹介しておりますので是非ご覧下さい。

1年半で500万円貯めた方法 詳しくはコチラ

得に特別なことはしておりません。

基本通りのことをすれば誰でも可能です。

また、今回は株式投資に絞って記載させていただきましたがそれ以外の目標やアクションに関しても公開しております。

それはこちらの記事になります。

2020年の目標公開!私はこれで成り上がります 詳しくはコチラ

今年は1500万円の資産を作ることが目標なのでそれに向けて取り組んでいきます。

 

最後に

今回は保有資産の見直しを行いまして投資先とその割合、予算について紹介させていただきました。

投資を行う理由は色々あると思いますが私は自分の夢を実現する手段として行っております。

そのために必要になってくるのが不労所得です。

このポートフォリオに沿って投資を行っていくことで7〜8年後には年間120万円の配当金を得ることができます。

ちなみに毎年で計算すると毎月1〜2万円以上は収入を増やしていける計算になるのでこの積み重ねで不労所得を築いていきたいと思います。

もちろん、この年数を早める予定で今活動しておりますのでその報告も随時報告していきます。

投資全般に関してはこちらでも解説しておりますので是非ご覧下さい。

投資でお金を効率的に増やす方法 詳しくはコチラ

-資産状況

Copyright© 副業と投資でセミリタイア!成り上がりサラリーマンの情報強者への道 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.