おすすめ記事

節約術

2020/4/10

【ふるさと納税】今すぐすべき超お得な制度!仕組みからメリットまで完全解説

成り上がりサラリーマンふるさと納税は誰でも得をすることができるので絶対にやるべき!ただそんな方が多いと思うので今回は1から紹介していきます! ふるさと納税という言葉はよく耳にしますが、どのような仕組みで何をすればどれだけ得をするのか理解している方は少ないのではないでしょうか。 周りに聞くにしても今更聞けない雰囲気もありますので聞きにくい状況でもあると思います。 今回の内容としてはそんな今更聞けないふるさと納税について仕組みから具体的にどのくらいお得なのか紹介させていただきます。 特にこの制度を利用すると誰 ...

ReadMore

資金構築

2020/4/11

【資産形成術】29年間貯金0円の男が1年半で500万円の資産を手に入れた5つの方法

上記の内容で偉そうに話させていただいておりますが実際に29歳の頃は貯金なんて1円もありませんでした。 むしろお金が無さ過ぎてクレジットカードを活用して自転車操業でやり繰りしておりました。 今回の内容としては今まで貯金が出来なかった人間が1年半で500万円もの資産を形成出来た理由について紹介させていただきます。 以前Twitterでもこのように呟かせていただきました。 とりあえず年末までに総資産500万円という目標は達成。 去年まで貯金なんて全くなかった状態でも固定費の見直しと投資でなんとかここまで持ってく ...

ReadMore

今後の人生論

2020/4/28

【個人目標】2020年の目標公開!この投資法と副業で私は成り上がります

上記でも記載させていただきましたが2019年は仕事やお金に対する考え方や将来に向けての取り組みなど今後の人生を考える時間が多かった年でした。 そんな中ある程度今後の方針が決まりまして2020年の目標が決まりました。 今回の内容としては自分へのけじめとして今回ブログで報告させていただきます。 ちなみに2019年はこちらでした。 2019年は大枠でどのように稼いでいくかについて目標を立てました。 2020年からはそれだけじゃなく、その為にはどのようなスキルを身に付けるべきか、また学習方法まで深掘りした目標を公 ...

ReadMore

楽天経済圏

2020/4/10

【楽天ふるさと納税】楽天経済圏+ふるさと納税活用術!2019年に手に入れた返礼品の感想

成り上がりサラリーマン ふるさと納税はお得ということは分かっても、始めるのはハードルがあるのではないでしょうか。 その1つの理由として様々なふるさと納税サイトと返礼品の多さが挙げられます。 そこで今回の内容として2019年にふるさと納税でもらった返礼品のレビューをさせていただきます。 私の例にはなりますがふるさと納税のサイトの中でも楽天ふるさと納税を使用することで更にお得に活用することが出来ますのでその方法についても解説して行きます。 そのためにもまず楽天経済圏について理解する必要がありますのでこちらの記 ...

ReadMore

稼ぐ方法

2020/4/2

【資産形成】経済的自由への方法を解説!ブログで学べる資産を効率的に増やす4つのステップ

成り上がりサラリーマン 目次 経済的自由へのステップ効率的にお金を増やすには?支出を減らしてお金を貯める方法給料以外に所得を持ち稼ぐ方法お金を効率的に増やす方法お金を税金から守る方法まとめ経済的自由へのステップ   経済的自由を達成するために資産形成ということが重要なポイントになってきますが、大きく分けて4つのステップがあると考えております。 資産形成の4つのステップとして ①お金を貯める ②お金を稼ぐ ③お金を増やす ④お金を守る編 こちらの4つのステップを4部構成で紹介させていただきました。 ...

ReadMore

節約術

2020/4/11

【節税対策】資産形成の4つのステップ〜サラリーマンが税金からお金を守る編!

成り上がりサラリーマン この会話のようにサラリーマンだからと言って節税は無理なんじゃないかと諦めている方は多いのではないでしょうか。 サラリーマンである以上、税金からお金を守る方法は少ないのは確かですが全くない訳ではありません。 また、節税というのは資産形成を行っていく中で仕上げのパートに当てはまります。 言い換えればここで失敗してしまうと損するどころか最悪捕まってしまう可能性もあるので非常に重要になってきます。 今回の内容としてはサラリーマンでも出来る節税方法とその他気をつけておくべきポイントについて紹 ...

ReadMore

楽天経済圏

【完全保存版】楽天ポイント完全マニュアル!楽天経済圏で使用すべき12のサービス

以前の記事で楽天経済圏についての仕組みやメリット、デメリットを紹介させていただきました。

楽天経済圏とはどういうものなのかこちらの記事で紹介しておりますのでこちらも併せてご覧ください。

迷えるサラリーマン
この前の記事で楽天経済圏についてはある程度理解できたよ!お得ということわかったし早速調べて僕も楽天経済圏に移行するぞ!
迷えるサラリーマン
いざ調べてみたけど、楽天に関連するサービスが多過ぎて何を登録したらいいか分からないよ…登録しとけばいいサービスだけ教えて!
楽天サービスは無数にあるからね…それなら今回は楽天経済圏で最低限必要な12のサービスを紹介するよ!
成り上がりサラリーマン

ここでおさらいです。

ポイント

楽天経済圏に移行する目的

日常で使用するサービスを楽天のサービスに移行することによって、効率的にポイントを貯めそのサービスに対して楽天ポイントで支払うことで「資産形成」と「節約」を目的に行う。

まずは資産形成術の1つの方法として楽天経済圏を考える必要があります。

しかし、楽天経済圏のデメリットとして複合的に楽天のサービスを組み合わせないと効果が薄くなってしまいます。

そのため、多くの楽天サービスに登録する必要がある一方で不必要なサービスを登録することによって本来の目的にそぐわない可能性が出てきます。

そのような問題が存在しているので今回の内容としては楽天経済圏に移行するなら最低限抑えておきたい12のサービスを紹介させていただきます。

これを知ることによってさらに効率的に楽天ポイントを貯めることができ、自分の知らなかった楽天サービスを利用することで効果的に楽天ポイントを利用することが出来ます。

こんな方におすすめ

  • 楽天経済圏に興味はあるが何から始めていいか分からない方
  • 資産形成を行いたいが何から始めたらいいのか分からない方
  • 何個か楽天のサービスを利用していて楽天経済圏への移行ハードルが低い方
  • 今後「投資」や「副業」を行ってみたいと考えている方

このような方が対象になりますのでぜひ最後までご覧下さい。

それでは早速紹介していきます。

楽天経済圏とは

f:id:nariagariblog:20191026172047j:plain

こちらもおさらいになりますがこの図のように楽天のサービスは様々な種類があります。

もちろん日常生活と関係が深いものが多くありますがそうでないものも多く存在している現状となっております。

このように楽天のサービスで生活していくことの総称を楽天経済圏と言います。

そのため、日常生活で使用するもはできる限り楽天サービスを利用して効率的に楽天ポイントを貯めることが目的になります。

代表的なものとして

    • 楽天市場
    • 楽天銀行
    • 楽天カード
    • 楽天証券
    • 楽天ブックス
    • 楽天ビューティ
    • 楽天モバイル
    • 楽天でんき
    • 楽天トラベル
    • 楽天生命
    • 楽天ペイ
    • 楽天ふるさと納税
    • 楽天kobo
    • 楽天TV

このように多岐に渡るサービスが存在します。

この中から最低限必要なものを絞り、楽天ポイント最大のメリットである汎用性の高さを活用して効果的に利用することが今回の目的となっております。

必要な楽天のサービスを考える基準

冒頭でも説明したように1番のメリットは

「汎用性が高いのでポイントが現金の代わりになる」

特に楽天市場ではそれが顕著に出ており、複数のサービスを利用することでポイントの獲得できる倍率が変わってきます。

そのため、基本的にはその対象となるサービスから変えていくことを推奨しております。

次からどんなサービスを中心に取り組んでいけばいいのか紹介させていただきます。

基本は楽天市場のSPU対象サービス

f:id:nariagariblog:20191026173718p:plain

以前にも紹介しましたが、このように対象のサービスを条件下で使用することで楽天市場で購入した際にもらえるポイントが最大16倍もらえるサービスとなっております。

楽天経済圏の中心には「楽天市場」が存在するのでこの対象となっているサービスを利用することで効率的に楽天ポイントを貯めていくことが望ましいです。

ただ、この中にはそこまで必要ではないサービスもいくつか含まれております。

そのため、16倍にするために全てのサービスを登録する必要はないのでその中でも日常生活に必要になるサービスを中心に選んでいきましょう。

こちらはポイントアップの詳細になります。

f:id:nariagariblog:20191026173501p:plain

f:id:nariagariblog:20191026173515p:plain

こちらの図で示しておりますのが楽天SPU対象のサービスとなっております。

基本的にはこのサービスを同登録すればそこに記載された倍率をもらうことができます。

ただ、その中には利用するだけではなく利用条件があるサービスもあるのでご注意ください。

上記でも紹介したようにここにある全てのサービスを登録する必要がありません。

登録すべき楽天SPU対象サービス

ここでは楽天経済圏に移行するなら「必須」のサービスと「可能な限り」登録が必要なサービスに分けて紹介するよ!
成り上がりサラリーマン

ポイント

楽天経済圏に必須なサービス

①楽天カード
②楽天銀行
③楽天証券
④楽天モバイル

ポイント

可能であれば登録すべきサービス

①楽天カード(ゴールド)
②楽天トラベル
③楽天でんき
④楽天ビューティー

以上になります。

これからそのサービスについて詳しく紹介させていただきます。

楽天経済圏で必須なサービス

楽天カード

何をするにしても基本になってくるサービスになります。

楽天市場でもカードを利用すればポイント2倍還元しますし、後ほど紹介しますがゴールドカードに変更すればさらに2倍の合計ポイント4倍還元になります。

また楽天銀行を引き落とし口座にすることでさらにポイント1倍になるので楽天経済圏の鍵となるサービスになります。

基本情報としてはこちらになります。

f:id:nariagariblog:20191026181556p:plain

またメリットとしては

f:id:nariagariblog:20191026181626p:plain

楽天経済圏では楽天カードは無類の強さを誇ります。

年会費も無料なので楽天経済圏専用にするだけ全く損はしない1枚です。

後ほど紹介しますが完全に楽天経済圏に移行するのであればゴールドカードの方がおすすめになります。

メモ

・楽天市場での買い物が楽天カード決済で2倍、引き落とし口座を楽天銀行にすることでさらに1倍、ポイント還元を得ることが出来る。

・楽天経済圏に移行するならまず登録しなければならない鍵となるサービス

楽天銀行

メリットとしてはこの6つになります。

f:id:nariagariblog:20191026180111p:plain

この中でATM手数料や他銀行への振込手数料は0円で利用可能ですが、ハッピープログラムという残高や取引によってその回数が制限されてしまいます。

ハッピープログラムの詳細はこちらになります。

f:id:nariagariblog:20191026180427p:plain

私もメインバンクとし使用しておりますが金利も他の銀行と比べて高かったり(楽天証券と連動によって0.1%)、ネット証券や副業などとも相性がいいので普段で使用する場合でも非常にお勧めです。

注意点としては口座を開設する際にキャッシュカードを発行する時に存在します。

そのキャッシュカードにクレジットカード機能があるタイプがあります。

口座開設の際、キャッシュカードのみとクレジット機能を選択することが出来ますがクレジット機能の方を発行してしまいますと楽天カードを発行することができないのでご注意下さい

注意ポイント

・楽天銀行キャッシュカード  ⭕️

・楽天銀行カード(クレカ機能)❌

と覚えておいてください。

リンクも貼っておりますのでご興味があればご覧下さい。

www.rakuten-bank.co.jp

メモ

・他の銀行と比べて金利が高かったり、ATMや振り込み手数料も無料になる機会が多いのでメインバンクにしても問題ない機能性。

・口座開設する際、クレジット機能がないキャッシュカードを発行しないと楽天カード(クレジットカード)が発行できない可能性があるので注意。

楽天証券

もう投資を始めている方もこれから始めようと思っている方も必須です。

まだ投資を始めていない方はSBI証券楽天証券のどちらか口座開設しとけば間違いなしと言われている証券会社の1つです。

ポイント

特徴

・楽天ポイントで投資することが出来る(一部金融商品のみ)

・楽天カードで購入することが出来るのでその分のポイントが付く

・楽天銀行と連携することで金利が最大0.1%になるので他の銀行より100倍お得

特に積立NISAとの相性がよく楽天カードで決済することが出来るので必ず1%のポイント得ることが出来ます。

投資信託の世界では優秀なファンドで年に5〜6%の利回りと言われている中、楽天カードで決済するだけで1%上げることが出来るので非常にお得な制度です。

こちらに関しては株式投資の方で詳しく紹介させていただいております。

楽天市場でも月500円以上のポイント投資でポイント1倍になりますので投資をいる方、もしくはこれから始める方も口座開設して損はない証券会社になります。

www.rakuten-sec.co.jp

メモ

楽天銀行と連携で金利0.1%、楽天ポイント楽天カードで株を購入することが出来るので他の楽天経済圏のサービスと非常に相性がいい。

・投資を始めたことがない方でもSBI証券とともにお勧めできる証券会社なのでどちらかに登録すれば間違いなし。

楽天モバイル

楽天モバイルに関しては以前格安SIMを紹介する際にも解説しておりますので詳しくはそちらでご覧下さい。

この記事にも記載しておりますが現在3大キャリアケータイ(Docomo,au,softbank)を使用している方は固定費を削減できるのですぐに変えた方がいいです。

私の事例で紹介させていただきますが以前はS◯ftBankを利用しておりましたが月1〜1万2千円携帯代に支払っていました。

そこで楽天モバイルのプランMに切り替えたところ2,480円(2ヶ月目からダイヤモンド会員で1.980円)になりました。

しかも今まで現金で支払ったことがなく、楽天ポイントで決算していましたので実質携帯料金0円。

携帯料金は固定費なのでそれを削減できるという意味では楽天経済圏と非常に相性のいいサービスです。

また、上記にも説明があるようにデータ通信の容量を使い切っても1Mbpsで利用することが出来ます。

12:00〜13:00までと18:00〜19:00までは遅くなりますが、それ以外は全く気にならないレベルなのもお勧めできるポイントです。

こちらは楽天市場でもポイント2倍還元になりますが、純粋に固定費を削減できるという観点から絶対に変えた方がいいものとなっております。

メモ

・携帯料金が三大キャリアと比べて非常に安く、楽天ポイントで支払えるため固定費削減の観点から非常に優秀なサービス。

・通信制限がかかっても混み合う時間帯を避ければそこまで気にならないレベルで利用することが出来る。

楽天経済圏で可能であれば登録のサービス

楽天カード(ゴールド)

上記でも楽天カードを紹介させていただきましたが、ゴールドカードにしてお得になる方は具体的に楽天市場で年間10万円以上使う方は非常にお得になります。

ゴールカードの特徴としてはこちらに記載しております。

f:id:nariagariblog:20191026222139p:plain

このような特典があります。

特にここでは記載はないですが楽天市場でのポイント還元が通常の楽天カードの場合2倍還元ですがゴールドカードの場合4倍還元になります。

これはプレミアカードとさほど変わらない特典となっております。

年会費は2200円かかってしまいますが楽天市場で年に10 万円以上利用すれば年会分は元が取れるので非常にお得だと思います。

後にご紹介しますが楽天ふるさと納税と非常に相性がいいのでぜひ最後までご覧下さい。

もちろん私も楽天ゴールドカードを使用しております(2020年1月にプレミアムカードに変更しました)

楽天経済圏に完全に移行するのであれば必要なカードになります。

楽天カード新規入会キャンペーン

メモ

・楽天市場で年間10万円以上利用する方は年会費2200円分は元が取れるのでお得。

・ゴールドしかない特典もあるので楽天経済圏に完全に移行する方は取得すべきカード。

楽天トラベル

旅行をする際はこちらをなるべく利用した方がいいです。

ただ、無理に行く必要はないので行く用事があれば利用すべきサービスになります。

キャンペーンやクーポンなども充実しているのでホテルの公式サイトや電話で予約するくらいならこちらのサイトを経由して予約しましょう。

もちろんポイントも貯まりますし、ポイントで支払うことも可能です。

月5000円以上の宿泊で楽天市場もポイント1倍になるのでお得です。

ちなみにポイント付与のタイミングはこちらになります。

宿泊した月ではなくネット予約した月が楽天SPUの1倍対象になりますのでご注意下さい。

メモ

旅行に行く予定があるならば必ず抑えておくべきサービス。

ポイントでも利用できるのでポイント消化にもお勧め。

楽天でんき

特徴はこちらになります。

f:id:nariagariblog:20191026182203p:plain

こちらも携帯料金同様に光熱費という固定費になりますので、ポイントも貯めることができポイントで支払うこともできます。

そのため、普通に使用するだけでもお得なサービスです。

それだけでも非常にお得なサービスですが楽天市場でもポイント0.5倍還元されます。

日常生活で必ず使用するサービスなので楽天経済圏に完全に移行するのであればこちらも登録すべきサービスとなっております。

ただ、お住まいによっては対応できないところもあるようなのでそこはご確認ください。

メモ

・電気代を楽天ポイントで支払うことが出来、楽天ポイントを貯めることが出来るので固定費削減にはおすすめ。

・楽天市場のポイントも0.5%ですが還元されるので何もしないで切り替えるだけでお得なサービス。

楽天ビューティ

ホットペッパービューティの楽天版になります。

beauty.rakuten.co.jp

ポイントも貯まり楽天市場でも月3000円以上でポイント1倍になりますが私的な意見としてイマイチ見づらいかったり掲載している店舗数も少ない印象です。

使いやすさやお店の多さとしてはホットペッパービューティの方が使いやすいのでいつも行っているお店があるのであれば推奨致します。

メモ

・散髪やヘッドスパの支払いも楽天ポイントで可能、そしてポイントも貯まるのでこのサービスを優先的に利用する価値は有り。

・個人的にはホットペッパービューティーの方が使いやすいし見やすいと思っているが楽天ポイントのために利用している。

その他の活用すべきサービス

そのほかに楽天ポイントをお得に貯めることができ、使えるサービスを紹介させていただきます。

楽天ふるさと納税

楽天経済圏ならかなりおすすめです。

 

楽天市場でのポイントアップには関係がないので上記で説明はしておりませんでしたが、ふるさと納税と楽天市場はは非常に相性がいいです。

楽天ふるさと納税とは楽天市場でふるさと納税ができるので楽天市場のSPUも適応になりますし、お買い物マラソンなどのイベントも適応になります。

そのため、それらのポイントを活用すると実質タダで返礼品をもらうことが出来るので非常にお得なサービスなのでぜひやるべきです。

楽天GORA

ゴルフ場の予約サイトになります。

検索してその場で予約することができるのでゴルフをする方は必須のサイトになります。

私もゴルフをするのでコースを探す時はこのサイトを使っています。

楽天ブックス

新品で本を買う際にも楽天のサービスがあります。

本を購入する際はお勧めです。

しかも1000円以上購入するだけで楽天SPUが0.5倍還元されるのでかなりお得です。

楽天ランクアップ

楽天経済圏を極めるコツとしてランク制度があります。

f:id:nariagariblog:20191026233423p:plain

こちらの図のように獲得ポイントと獲得回数によってランクが変動してきます。

ただ、ダイヤモンドランク以外はそこまで影響がないのでまずは最低でもダイヤモンドランクを目指しましょう。

このダイヤモンドランクになることでお得なクーポンをもらえることができ、楽天モバイルも1年間の限定になりますが月々の支払いが500円引きになります。

また、1年間維持するとポイントがもらえたり楽天市場でのポイントも変わってくるのでこちらも意識していただけたらと思います。

注意点としてダイヤモンドランクのみ楽天カードが必須になりますのでご注意ください。

まとめ

今回楽天ポイントを効率よく貯めるために楽天経済圏で使用すべき12のサービスを紹介させていただきました。

冒頭でもお伝えしましたが楽天ポイントは非常に汎用性が高いことから日常生活とも関連のある楽天のサービスとの相性が非常によく無駄な出費も減らすことができます。

私も楽天経済圏に移行して半年以上経ちますが削減できたものとして

  • 携帯代:月1万円→0円

その他にも以前と比べて得をしたものとしては

  • 銀行金利:年0.001%→0.1%
  • 楽天証券:ポイントで積立
  • 楽天ふるさと納税:実質0円で返礼品取得

など挙げれます。

特にここで紹介したサービスは単品でも非常に効果が期待できるものとなっていますので、いきなり徹底的に変えるものありですが少しづつ変えていくものいいのではないでしょうか。

-楽天経済圏

Copyright© 副業と投資でセミリタイア!成り上がりサラリーマンの情報強者への道 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.