おすすめ記事

節約術

2020/4/10

【ふるさと納税】今すぐすべき超お得な制度!仕組みからメリットまで完全解説

成り上がりサラリーマンふるさと納税は誰でも得をすることができるので絶対にやるべき!ただそんな方が多いと思うので今回は1から紹介していきます! ふるさと納税という言葉はよく耳にしますが、どのような仕組みで何をすればどれだけ得をするのか理解している方は少ないのではないでしょうか。 周りに聞くにしても今更聞けない雰囲気もありますので聞きにくい状況でもあると思います。 今回の内容としてはそんな今更聞けないふるさと納税について仕組みから具体的にどのくらいお得なのか紹介させていただきます。 特にこの制度を利用すると誰 ...

ReadMore

資金構築

2020/4/11

【資産形成術】29年間貯金0円の男が1年半で500万円の資産を手に入れた5つの方法

上記の内容で偉そうに話させていただいておりますが実際に29歳の頃は貯金なんて1円もありませんでした。 むしろお金が無さ過ぎてクレジットカードを活用して自転車操業でやり繰りしておりました。 今回の内容としては今まで貯金が出来なかった人間が1年半で500万円もの資産を形成出来た理由について紹介させていただきます。 以前Twitterでもこのように呟かせていただきました。 とりあえず年末までに総資産500万円という目標は達成。 去年まで貯金なんて全くなかった状態でも固定費の見直しと投資でなんとかここまで持ってく ...

ReadMore

今後の人生論

2020/4/28

【個人目標】2020年の目標公開!この投資法と副業で私は成り上がります

上記でも記載させていただきましたが2019年は仕事やお金に対する考え方や将来に向けての取り組みなど今後の人生を考える時間が多かった年でした。 そんな中ある程度今後の方針が決まりまして2020年の目標が決まりました。 今回の内容としては自分へのけじめとして今回ブログで報告させていただきます。 ちなみに2019年はこちらでした。 2019年は大枠でどのように稼いでいくかについて目標を立てました。 2020年からはそれだけじゃなく、その為にはどのようなスキルを身に付けるべきか、また学習方法まで深掘りした目標を公 ...

ReadMore

楽天経済圏

2020/4/10

【楽天ふるさと納税】楽天経済圏+ふるさと納税活用術!2019年に手に入れた返礼品の感想

成り上がりサラリーマン ふるさと納税はお得ということは分かっても、始めるのはハードルがあるのではないでしょうか。 その1つの理由として様々なふるさと納税サイトと返礼品の多さが挙げられます。 そこで今回の内容として2019年にふるさと納税でもらった返礼品のレビューをさせていただきます。 私の例にはなりますがふるさと納税のサイトの中でも楽天ふるさと納税を使用することで更にお得に活用することが出来ますのでその方法についても解説して行きます。 そのためにもまず楽天経済圏について理解する必要がありますのでこちらの記 ...

ReadMore

稼ぐ方法

2020/4/2

【資産形成】経済的自由への方法を解説!ブログで学べる資産を効率的に増やす4つのステップ

成り上がりサラリーマン 目次 経済的自由へのステップ効率的にお金を増やすには?支出を減らしてお金を貯める方法給料以外に所得を持ち稼ぐ方法お金を効率的に増やす方法お金を税金から守る方法まとめ経済的自由へのステップ   経済的自由を達成するために資産形成ということが重要なポイントになってきますが、大きく分けて4つのステップがあると考えております。 資産形成の4つのステップとして ①お金を貯める ②お金を稼ぐ ③お金を増やす ④お金を守る編 こちらの4つのステップを4部構成で紹介させていただきました。 ...

ReadMore

節約術

2020/4/11

【節税対策】資産形成の4つのステップ〜サラリーマンが税金からお金を守る編!

成り上がりサラリーマン この会話のようにサラリーマンだからと言って節税は無理なんじゃないかと諦めている方は多いのではないでしょうか。 サラリーマンである以上、税金からお金を守る方法は少ないのは確かですが全くない訳ではありません。 また、節税というのは資産形成を行っていく中で仕上げのパートに当てはまります。 言い換えればここで失敗してしまうと損するどころか最悪捕まってしまう可能性もあるので非常に重要になってきます。 今回の内容としてはサラリーマンでも出来る節税方法とその他気をつけておくべきポイントについて紹 ...

ReadMore

株式投資

【買付報告】外国ETF+SBI証券活用法!定期買付のメリットと選んだファンドの紹介

f:id:nariagariblog:20191104114706j:plain

成り上がりサラリーマン
2019年8月からSBI証券の定期買付サービスを利用して外国ETFを購入しております!今回は定期買付のメリットや実際に購入したファンドなどこれまでのレビューを紹介させていただきます!

各証券会社、他社にはない様々な特徴を用いて差別化を図っておりますがSBI証券の特徴の1つとして外国株の定期買付サービスがあります。

株を購入するにあたって1番難しいとされているのが購入するタイミングになります。

そのため定期買付を行うことで積立投資を行うことができるので今後金額を増やし続けて銘柄であれば非常にメリットになる特徴となっております。

今回の内容としてはSBIを活用した外国ETFの定期買付を実際に行ってみましたのでその報告をさせていただきます。

実際に行った手順だけでなく併せて選んだファンドとその理由、現在の状況に関しても併せて解説いたします。

資産運用としても非常におすすめな投資法ですのでこれら投資を考えている方は参考になれば幸いです。

外国ETFのメリットについては以前紹介しておりますのでこちらも併せてぜひご覧下さい。

ETF投資なら外国ETFがおすすめな理由 詳しくはコチラ

こんな方におすすめ

  • 投資に興味を持っている方
  • 外国ETF投資に興味を持ってる方
  • 株の購入するタイミングを迷っている方
  • 積立投資に興味を持っている方

このような項目に1つでも当てはまりましたら是非最後までご覧下さい。

それでは早速紹介していきます。

外国株を購入するならSBI証券

以前に株式投資について解説した際にも紹介しましたが証券口座を開設するとしたら2択になります。

ご参考に以前の記事はこちらになります。

初心者必見!株式入門マニュアル 詳しくはコチラ

1つは楽天証券

www.rakuten-sec.co.jp

もう1つはSBI証券になります。

SBI証券[旧イー・トレード証券]

基本的にこの2つの証券会社のどちらかで口座を開設すれば間違はありませんので非常におすすめです。

今回はその中でもSBI証券のメリットとして「米国株・外国ETFの定期買付サービス」がありますので今回の内容はこのサービスを活用し実施した報告になります。

この定期買付サービスとは投資信託や積立NISAのように好きな日付曜日などを設定することができます。

そのため、こちらから購入の手続きをしなくても自動的に購入してくれるサービスになります。

これはSBI証券の特徴なっておりますので今後外国ETFの定期買付を考えるのであればSBI証券を開設しましょう。

外国ETFの定期買付がメリットな理由

資産を効率的に形成していく手法としては定期買付は非常に理にかなっております。

その理由について2つの観点から紹介させていただきます。

手数料が安くなり身近なサービスになった

実は元々米国株・外国ETFの買付手数料というのは今と違い最低5ドル必要でした。

そのため最低でも1000ドル単位で購入しないと手数料で赤字になってしまう手数料負けしてしまう状況がありました。

これまで定期買付サービスの利便性は感じていましたが最低1000ドルという金額のハードルが高くメリットを感じないものとなっておりましたが変化が訪れます。

それは2019年7月22日より最低5ドルだった手数料が0ドルに引き下げられた為、金額のハードルがなくなり誰でも利用できるサービスとして非常に身近なものとなりました。

f:id:nariagariblog:20191022232927p:plain

定期買付を行うことで精神的負担が軽減できる

定期買付以前に外国ETFが非常に優れた投資手法ということは以前にも紹介させていただきました。

その記事は冒頭でも紹介しましたがこちらになります。

ETF投資なら外国ETFがおすすめな理由 詳しくはコチラ

外国ETFの主なメリットとして

ポイント

  • 少額の資金で分散投資が可能
  • 信託報酬が投資信託よりも低い
  • 成長市場に投資することでドルコスト平均法の恩恵を受けられる

このようなものが挙げられます。

ただ、株式投資で1番難しいと言われているのが売買のタイミングと言われております。

特にETFのように市場全体と連動しているような金融商品に関しては市場の影響を受けやすく売買するタイミングが更に難しくなってきます。

株式投資には機会損失という言葉があるように価格が高くても低くても購入しづらい心理があり結局買えず儲ける機会を失ってしまいます。

購入するタイミングを定期買付で自動的に行うことでそのような機会損失をなくすことができ、検討時期を考える手間を省くことがで精神的負担を軽減することできます。

このことから効率的に資産を形成していく投資手法として外国ETFの定期買付は投資信託と同様に手間を省くことができるので非常に優れた投資手法だと言えます。

SBI証券での定期買付の手順

SBI証券で購入する為にはまず外国株式口座が必要になってきます。

こちらの記事で紹介しておりますので手順に関しましてはこちらもご覧下さい。

外国ETFの定期購入方法 詳しくはコチラ

こちらをクリックしていただけますと後は手順に沿っていただければ大丈夫です。

大体1〜2週間くらいで開設できると思います。

そもそもSBI証券がないと外国株式口座も開設できませんのでまだの方はこちらから登録ください。

No.1ネット証券ではじめよう!株デビューするならSBI証券

続いて購入したファンドについて紹介していきます。

選択したファンドとその理由

今回4つのファンドを選び、今後定期買付を行なっていくますのでその選択した理由について紹介させていただきます。

基本的な考え方として右肩上がりで成長しているファンドで配当金にも期待が出来るものを中心に長期的に保有できるファンドを選定しております。

HDV (iシュアーズコア米国高配当株ETF)

10年間のチャートはこちらになります。

f:id:nariagariblog:20191104162852p:plain

配当利回りは約3.2%となっており、名前の通り米国高配当銘柄のみ75銘柄で構成されております。

構成業種として

ポイント

1位:エネルギー

2位:生活必需品

3位:ヘルスケア

日常生活に関連した銘柄を中心に構成されてあることから比較的安定傾向が強いと言われております。

VOO(バンガードS&P 500ETF)

10年間のチャートはこちらになります。

f:id:nariagariblog:20191104162905p:plain

配当利回りは約1.9%でS&P500の銘柄で構成されているETFになります。

構成業種として

ポイント

1位:情報技術

2位:ヘルスケア

3位:金融

特に情報技術が全体の3割を占めていることもあり米国経済の現状を表している企業が多いです。

VTI(バンガードトータルストックマーケットETF)

10年間のチャートはこちらになります。

f:id:nariagariblog:20191104162919p:plain

配当利回りは約1.8%で米国株式市場の銘柄をほぼ100%カバーしている為、投資対象は3500銘柄もあり米国経済そのものに丸ごと投資をしているのが特徴です。

構成業種として

ポイント

1位:テクノロジー

2位:金融

3位:消費者サービス

こちらも米国経済全てを網羅していることになるので非常に現状が表れていることがわかります。

VYM(バンガード高配当株式ETF)

10年間のチャートはこちらになります。

f:id:nariagariblog:20191104162933p:plain

配当利回りは約3.5%で、米国高配当株400銘柄以上と幅広く分散して投資していることが特徴です。

構成業種として

ポイント

1位:金融

2位:一般消費

3位:ヘルスケア

こちらも高配当株中心にも関わらず安定的な企業が多いので景気にあまり左右されないことがわかります。

以上の4つのファンドとなっております。

高配当を中心としたファンドに関しては安定的な銘柄構成をしているファンド、また米国市場全体が右肩上がりに成長している市場なので市場全体に投資が出来るファンドと2つの考え方でポートフォリオを組んでおります。

この2つ視点から選出した結果この4つのファンドを選ばせていただきました。

その為、主に成長でのリターンを得ようと考えておりますがその補填として配当金という立ち位置で考えておりますのでより安定的な銘柄を選んだ次第になります。

今後の展望

現在は毎月15日購入するように設定しておりますので月におおよそ約10万円くらいを外国ETFに投資していきます。

以前記載した今後のポートフォリオの中で来年までには外国ETFの保有資産を150万円まで増やそうと考えております。

保有資産の見直し!今後のポートフォリオ公開! 詳しくはコチラ

理由としてはこの150万円分の外国ETFを保有することで約2.6%の配当利回りで計算すると年4万円の配当金を得ることができます。

今後の戦略としては市場全体の成長で資産を形成していき、配当金でキャッシュフローを作っていくことで将来のセミリタイアへ向けてお金のなる木を植えていきます。

現在の状況としては約80万円分保有しておりますので年末に150万円まであと70万円分買い足していきたいと思います。

時期と購入数を決めるだけで後は勝手に購入してくれるので入金できるお金さえあれば自然に資産が形成できるという仕組みになります。

また外国ETF以外にも国内高配当銘柄もSBIネオモバイル証券を活用して定期購入行っております。

こちらでも月に約20万円くらい投資している状況です。

ポートフォリオに関してもこちらの記事で公開しておりますので併せてご覧ください。

SBIネオモバイル証券活用術!国内高配当株戦略 詳しくはコチラ

資産を増やすだけでなく配当金でキャッシュフローも増やしていきます。

まとめ

今回の内容としましては外国ETFの定期買付の実施しましたのでファンドと現在の状況を報告させていただきました。

ETFは投資信託と違い市場成長性だけでなく分配金を得ることができる投資手法となっております。

通常の金融商品ではこのような配当金がでるものは資産価値の成長を見込まれないものが多く、資産を切り崩しての配当金が多い状況です。

しかし、右肩上がりをしている市場に投資出来るだけでなく配当金ももらうことのできる投資手法は外国ETFでは実現することができます。

効率的に資産を形成する手法としては非常に推奨させていただいております。

SBI証券ならではの特徴なの是非これを機会にSBI証券で外国ETFの定期買付を始めてみてはいかがでしょうか。

SBI証券[旧イー・トレード証券]

-株式投資

Copyright© 副業と投資でセミリタイア!成り上がりサラリーマンの情報強者への道 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.