おすすめ記事

節約術

2020/4/10

【ふるさと納税】今すぐすべき超お得な制度!仕組みからメリットまで完全解説

成り上がりサラリーマンふるさと納税は誰でも得をすることができるので絶対にやるべき!ただそんな方が多いと思うので今回は1から紹介していきます! ふるさと納税という言葉はよく耳にしますが、どのような仕組みで何をすればどれだけ得をするのか理解している方は少ないのではないでしょうか。 周りに聞くにしても今更聞けない雰囲気もありますので聞きにくい状況でもあると思います。 今回の内容としてはそんな今更聞けないふるさと納税について仕組みから具体的にどのくらいお得なのか紹介させていただきます。 特にこの制度を利用すると誰 ...

ReadMore

資金構築

2020/4/11

【資産形成術】29年間貯金0円の男が1年半で500万円の資産を手に入れた5つの方法

上記の内容で偉そうに話させていただいておりますが実際に29歳の頃は貯金なんて1円もありませんでした。 むしろお金が無さ過ぎてクレジットカードを活用して自転車操業でやり繰りしておりました。 今回の内容としては今まで貯金が出来なかった人間が1年半で500万円もの資産を形成出来た理由について紹介させていただきます。 以前Twitterでもこのように呟かせていただきました。 とりあえず年末までに総資産500万円という目標は達成。 去年まで貯金なんて全くなかった状態でも固定費の見直しと投資でなんとかここまで持ってく ...

ReadMore

今後の人生論

2020/4/28

【個人目標】2020年の目標公開!この投資法と副業で私は成り上がります

上記でも記載させていただきましたが2019年は仕事やお金に対する考え方や将来に向けての取り組みなど今後の人生を考える時間が多かった年でした。 そんな中ある程度今後の方針が決まりまして2020年の目標が決まりました。 今回の内容としては自分へのけじめとして今回ブログで報告させていただきます。 ちなみに2019年はこちらでした。 2019年は大枠でどのように稼いでいくかについて目標を立てました。 2020年からはそれだけじゃなく、その為にはどのようなスキルを身に付けるべきか、また学習方法まで深掘りした目標を公 ...

ReadMore

楽天経済圏

2020/4/10

【楽天ふるさと納税】楽天経済圏+ふるさと納税活用術!2019年に手に入れた返礼品の感想

成り上がりサラリーマン ふるさと納税はお得ということは分かっても、始めるのはハードルがあるのではないでしょうか。 その1つの理由として様々なふるさと納税サイトと返礼品の多さが挙げられます。 そこで今回の内容として2019年にふるさと納税でもらった返礼品のレビューをさせていただきます。 私の例にはなりますがふるさと納税のサイトの中でも楽天ふるさと納税を使用することで更にお得に活用することが出来ますのでその方法についても解説して行きます。 そのためにもまず楽天経済圏について理解する必要がありますのでこちらの記 ...

ReadMore

稼ぐ方法

2020/4/2

【資産形成】経済的自由への方法を解説!ブログで学べる資産を効率的に増やす4つのステップ

成り上がりサラリーマン 目次 経済的自由へのステップ効率的にお金を増やすには?支出を減らしてお金を貯める方法給料以外に所得を持ち稼ぐ方法お金を効率的に増やす方法お金を税金から守る方法まとめ経済的自由へのステップ   経済的自由を達成するために資産形成ということが重要なポイントになってきますが、大きく分けて4つのステップがあると考えております。 資産形成の4つのステップとして ①お金を貯める ②お金を稼ぐ ③お金を増やす ④お金を守る編 こちらの4つのステップを4部構成で紹介させていただきました。 ...

ReadMore

節約術

2020/4/11

【節税対策】資産形成の4つのステップ〜サラリーマンが税金からお金を守る編!

成り上がりサラリーマン この会話のようにサラリーマンだからと言って節税は無理なんじゃないかと諦めている方は多いのではないでしょうか。 サラリーマンである以上、税金からお金を守る方法は少ないのは確かですが全くない訳ではありません。 また、節税というのは資産形成を行っていく中で仕上げのパートに当てはまります。 言い換えればここで失敗してしまうと損するどころか最悪捕まってしまう可能性もあるので非常に重要になってきます。 今回の内容としてはサラリーマンでも出来る節税方法とその他気をつけておくべきポイントについて紹 ...

ReadMore

節約術

【住宅費見直し】新築マイホームはお得なのか?!資産形成の観点から気をつけるポイント

f:id:nariagariblog:20191111003616j:plain

迷えるサラリーマン
そろそろマイホームを考える年齢になってきたし、周りも家を買い始めたのでボチボチ本格的に考えないといけないな!
マイホームは人生で1番大きな支出と言われているから失敗しないように購入する前に気をつけておくべきポイントを整理していこう!
成り上がりサラリーマン

上記の会話の中でもありましたように人生の大きな支出の1つとしてマイホーム(住宅費)が挙げられます。

言い換えれば今の生活がなかなか豊かにならない諸悪の根源とも言えます。

今回の内容としては資産形成を考えた上でマイホームを購入すべきか、賃貸物件に住み続けるべきかお得なのはどちらなのかを解説させていただきます。

生活にするため住居は必要ですが、購入するにしても借りるにしても人生の出費の中で大きな割合を占めております。

そのため、今後の費用を踏まえて資産形成の観点から両者のメリット、デメリットも踏まえた上でどちらがいいのか決める材料になれば幸いです。

またここでのマイホームは新築を意味しておりますのでご理解ください。

こんな方におすすめ

  • 今後マイホームを検討しようと思っている方
  • 今マイホームを考えている方
  • 将来的に家を買うか賃貸にするか判断材料が欲しい方
  • 資産形成、運用に興味を持っている方

以上の項目に1つでも当てはまりましたら是非最後までご覧いただければ幸いでございます。

それでは早速紹介していきます。

マイホームは本当に必要か?

マイホームというのは1つの目標であり自分が1人前になった証明一国一城の主人に対して憧れを持っている方も多いのではないでしょうか。

一方で購入金額が非常に高いのでローンを組んで購入するのが一般的になると思いますがそのローンによって生活が苦しくなるケースも見受けられています。

その理由の1つとして日本の99%の家が資産ではなく負債になっていることが原因としてあげられます。

実際に新築の場合、購入した瞬間に2〜3割程度評価額が下がると言われております。

その背景としてローンの利息と販売会社の莫大な販売手数料が関係しております。

例として3000万円の家を購入した場合、ローンの利息販売会社の手数料を合わせると家自体の価値は2000万円くらいだと言われております。

このことから購入額は3000万円ですが評価額は2000万円となってしまいます。

そのため、買った瞬間からマイナスになってしまっているので資産ではなく負債ということが言えます。

マイホームは資産になる得るのか?

そもそも資産の定義は

ポイント

買った価格以上に将来的に金銭的な価値をもたらせるもの

と定義づけられております。

そのため、年々評価額が下がってしまう日本の不動産の場合、よっぽど良い条件の物件を購入しないと資産にはならないと言えます。

実際に総務省のデータですが40代の平均資産としてはー1000万円という結果も出ています。

f:id:nariagariblog:20191113203554p:plain

大きな原因としては上記でも説明したようにマイホーム購入による住宅ローン手数料による負債だということがわかっております。

このことからマイホームはよっぽどいい条件で購入しない限り資産どころか負債になるということになります。

両学長もマイホームの資産性については同じように解釈しております。

マイホームを購入することで得られるものとは?

上記でも紹介しておりますが資産形成の観点からマイホームを購入することによっての金銭的な価値は全くないに等しいです。

むしろ負債になるので金額的にはマイホームで得られるものはありません。

一方でマイホームにどのようなメリットがあるのかを考えた際、機能的な価値は賃貸物件と比べて価値を見出すことができます。

具体的には

メモ

  • 綺麗な家に住めるので快適に住める
  • 最新の設備も備えることが出来るので生活の質が上がる
  • 自分好みのデザインや空間なのでモチベーションアップ

このことから機能的だけでなく精神的にもゆとりが出来たりとお金では表せないものも非常に多くあります。

そのため、マイホームを考える上で重要になってくることとしては

ポイント

得られるメリット

失うデメリット

購入する際に2つの観点かな考えることが重要になってきます。

その理由としては失うデメリットの金銭的負担が非常に大きいためです。

ある程度お金も持っており、その予算に合ったマイホームを購入するのであれば金銭的負担も少ないためどんな家でも問題はありません。

ただ、ほとんどの方が自分の年収の何倍もするマイホームを購入し、さらに35年もローンを組まされて月々の支払い額のほとんどが利子手数料になります。

そのため買った瞬間に負債を抱えることになり、今の生活が苦しくなる可能性があるので1度家を購入する目的を考える必要があります。

昔からの憧れであったり、周りがみんな購入しているからなどあるとは思いますが一旦、金銭的心理的な問題に分けて考えいきましょう。

次項からはマイホームと賃貸の費用面での違いについて解説していきます。

マイホームと賃貸の維持費の違い

マイホーム(新築)

注意ポイント

・購入価格と売却価格の差額:購入価格の3割は下がる

・ローンの金利:3000万円の1%だった場合、35年で約600万円

・修繕費:10年に1度修繕。50年間で計算すると約1750万円

・火災保険

・固定資産税

おおよそかかる費用としては上記の通りとなっております。

購入時の金額だけでなく維持費も非常にかかることが特徴となっております。

賃貸

注意ポイント

・家賃

・火災保険

・更新料

以上となっております。

マイホームと比べて項目は少ないですが、同じ50年の期間で考えるのであれば費用はあまり変わないと言われております。

次からこれらの項目が何を意味しているのか解説していきます。

マイホームを今後どう考えるか

上記でも紹介したように50年住むと考えた場合、マイホームと賃貸ではそこまで費用がわからないと言われております。

引用:https://sumaity.com/press/18/

このように全く同じ条件というのが実際に起きないので一概にマイホームと賃貸どちらがお得と言うのは言い表すことはできません。

ただ、同じ金額マイホームの方がずっと同じところに住めるのであれば良いのでは心理的な面からもお得になる場合があります。

一方でマイホームの最大のデメリットとしては1度購入するとそこから動けません

売却のハードルも高いので転勤やライフスタイルの変化が多い場合、単身赴任で二重家賃になってしまったりする可能性があります。

そのため、そのような状況だと賃貸の方が長い目で見れば流動性も高く費用も年収に応じて対応できるのでマイホームと比べて負担は少ないと考えられます。

また、これまでの話は新築でマイホームを購入した場合のことで紹介しておりましたが、そもそも不動産というのは資産が年々下がっていくもので新築時が1番価格が高いという特徴があります。

これは購入した瞬間から負債になる最大の原因となっております。

仮にマイホームを検討するのであれば費用が落ち着いた築15〜20年くらいの中古でリフォームなど行い最新の設備を備えつけることで見た目や中身も新築と変らず新築マイホームのデメリットを解決することができます。

もちろん新築は非常に憧れるものがありますがそのせいで普段の生活が圧迫してしますと本末転倒なので購入する際はぜひお金との相談をご検討下さい。

最後に

今回は資産形成の観点から新築マイホームはお得なのかどうかを紹介させていただきました。

今回が住宅費は人生で最も大きな支出ということもあり金銭的に考えるのであれば賃貸であったり中古のマイホームを購入した方が資産形成を考えた上ではいいではないかという結論になりました。

特に新築のマイホームというのは憧れがあるのもですが、機能は良いが金銭的な負担も大きくそのこおで精神的にもゆとりがなければ本末転倒です。

マイホームを考える際は中古等も視野に入れてみるのもいいのではないでしょうか。

不動産という名の通りに場所を動かすことはできませんし簡単に売却することも難しいものなので購入する際は慎重に考えましょう。

同じコストならいつでも移動出来て、退去もできる賃貸は非常におすすめです。

まずは今ある目標に対してそれを達成させることを優先的に考えましょう。


-節約術

Copyright© 副業と投資でセミリタイア!成り上がりサラリーマンの情報強者への道 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.