おすすめ記事

節約術

2020/4/10

【ふるさと納税】今すぐすべき超お得な制度!仕組みからメリットまで完全解説

成り上がりサラリーマンふるさと納税は誰でも得をすることができるので絶対にやるべき!ただそんな方が多いと思うので今回は1から紹介していきます! ふるさと納税という言葉はよく耳にしますが、どのような仕組みで何をすればどれだけ得をするのか理解している方は少ないのではないでしょうか。 周りに聞くにしても今更聞けない雰囲気もありますので聞きにくい状況でもあると思います。 今回の内容としてはそんな今更聞けないふるさと納税について仕組みから具体的にどのくらいお得なのか紹介させていただきます。 特にこの制度を利用すると誰 ...

ReadMore

資金構築

2020/4/11

【資産形成術】29年間貯金0円の男が1年半で500万円の資産を手に入れた5つの方法

上記の内容で偉そうに話させていただいておりますが実際に29歳の頃は貯金なんて1円もありませんでした。 むしろお金が無さ過ぎてクレジットカードを活用して自転車操業でやり繰りしておりました。 今回の内容としては今まで貯金が出来なかった人間が1年半で500万円もの資産を形成出来た理由について紹介させていただきます。 以前Twitterでもこのように呟かせていただきました。 とりあえず年末までに総資産500万円という目標は達成。 去年まで貯金なんて全くなかった状態でも固定費の見直しと投資でなんとかここまで持ってく ...

ReadMore

今後の人生論

2020/4/28

【個人目標】2020年の目標公開!この投資法と副業で私は成り上がります

上記でも記載させていただきましたが2019年は仕事やお金に対する考え方や将来に向けての取り組みなど今後の人生を考える時間が多かった年でした。 そんな中ある程度今後の方針が決まりまして2020年の目標が決まりました。 今回の内容としては自分へのけじめとして今回ブログで報告させていただきます。 ちなみに2019年はこちらでした。 2019年は大枠でどのように稼いでいくかについて目標を立てました。 2020年からはそれだけじゃなく、その為にはどのようなスキルを身に付けるべきか、また学習方法まで深掘りした目標を公 ...

ReadMore

楽天経済圏

2020/4/10

【楽天ふるさと納税】楽天経済圏+ふるさと納税活用術!2019年に手に入れた返礼品の感想

成り上がりサラリーマン ふるさと納税はお得ということは分かっても、始めるのはハードルがあるのではないでしょうか。 その1つの理由として様々なふるさと納税サイトと返礼品の多さが挙げられます。 そこで今回の内容として2019年にふるさと納税でもらった返礼品のレビューをさせていただきます。 私の例にはなりますがふるさと納税のサイトの中でも楽天ふるさと納税を使用することで更にお得に活用することが出来ますのでその方法についても解説して行きます。 そのためにもまず楽天経済圏について理解する必要がありますのでこちらの記 ...

ReadMore

稼ぐ方法

2020/4/2

【資産形成】経済的自由への方法を解説!ブログで学べる資産を効率的に増やす4つのステップ

成り上がりサラリーマン 目次 経済的自由へのステップ効率的にお金を増やすには?支出を減らしてお金を貯める方法給料以外に所得を持ち稼ぐ方法お金を効率的に増やす方法お金を税金から守る方法まとめ経済的自由へのステップ   経済的自由を達成するために資産形成ということが重要なポイントになってきますが、大きく分けて4つのステップがあると考えております。 資産形成の4つのステップとして ①お金を貯める ②お金を稼ぐ ③お金を増やす ④お金を守る編 こちらの4つのステップを4部構成で紹介させていただきました。 ...

ReadMore

節約術

2020/4/11

【節税対策】資産形成の4つのステップ〜サラリーマンが税金からお金を守る編!

成り上がりサラリーマン この会話のようにサラリーマンだからと言って節税は無理なんじゃないかと諦めている方は多いのではないでしょうか。 サラリーマンである以上、税金からお金を守る方法は少ないのは確かですが全くない訳ではありません。 また、節税というのは資産形成を行っていく中で仕上げのパートに当てはまります。 言い換えればここで失敗してしまうと損するどころか最悪捕まってしまう可能性もあるので非常に重要になってきます。 今回の内容としてはサラリーマンでも出来る節税方法とその他気をつけておくべきポイントについて紹 ...

ReadMore

税金

【確定申告】サラリーマンでも出来る副業の始め方!〜会社にバレない方法〜

f:id:nariagariblog:20191114203434j:plain

副業という言葉を耳にする機会が増えたと思いますが皆さんは副業に関してどんなイメージがありますか?

迷えるサラリーマン
興味はあるけど、うちの会社は副業禁止だから実際に始めるのは難しそうかな…

世間的に副業という言葉は昔と比べてかなり浸透してきましたが、まだまだ当たり前になってはおらずサラリーマンが副業をやるにはハードルが高いと思ってはいないでしょうか?

その1つの懸念点として今働いている会社にバレないかという心配もあると思います。

今回はそのような問題点に心配をされている方必見です。

確定申告の方法さえ間違えなければ簡単に解決できる内容となっております。

こんな方におすすめ

  • 副業に興味はあるが会社にバレるのを心配している方
  • 副業と本業での税金の取られ方の違いを知りたい方
  • これから副業を考えている方

上記のいづれかに当てはまりましたらぜひ最後までご覧下さい。

以前にサラリーマンにオススメな月5万円稼げる副業に関して紹介しておりますのでこちらも併せてぜひご覧ください。

サラリーマンにオススメな副業5選 詳しくはコチラ

副業はバレない?

なぜ副業はバレるのか

結論から言うと99.9%バレることはありません。

なぜそこまで言い切れるのかと言うとそもそもなぜバレてしまうのかその仕組みを考える必要があります。

一般的に副業がバレるきっかけというの挙げてみると

メモ

  • 住民税
  • 自ら暴露
  • 他人からの暴露
  • 本名でネット事業をする

などが挙げられます。

そのうち自分で回避できるものが

  • 自ら暴露
  • 他人からの暴露
  • 本名でネット事業をする

この3点は自分の工夫次第で回避できるものになりますが残りの住民税というのが会社にバレるのに大きなポイントとなります。

税金の仕組み

ポイントとなる税金の種類として2種類あります。

ポイント

  • 所得税:所得に応じてに5〜45%収める
  • 住民税:所得に関係なく市町村に一律10%に収める

この2種類の税金が重要なポイントになります。

副業の種類によっての納税の違い

この年収や所得を国、市町村がどのように把握するのかというと働き方によって報告の方法が異なってきます。

  • 個人事業主:確定申告(自分で)
  • サラリーマン:会社が報告(源泉徴収

そしてこの源泉徴収というものが副業がバレる大きなポイントになります。

例えば副業でも、会社で勤務アルバイトをしている場合はどうなるか考えてみましょう。

会社とアルバイトで得た収入は本業も副業も関係なく同じ給料所得として扱われます。

後ほど詳しく紹介しますが給与所得として国と市町村に税金を支払わなければならないですが

メモ

  • 会社:源泉徴収で国と市町村に税金を収める
  • アルバイト:源泉徴収で国と市町村に税金を治める

このように2箇所で働いていると2箇所で税金を取られることになります。

その際、問題となってくるのが市町村(住民税)に収める税金だけ、もらっている給料が多い会社がまとめて払う仕組みになっております。

アルバイト先で稼いだお金はもちろん住民税が引かれますが現在の会社と合算して払うことになりますので、給料を管理している経理に気づかれてしまい会社にバレてしまうことになります。

副業の種類ごとの所得区分はこちらの図で表しています。

f:id:nariagariblog:20191114210759p:plain

このことからサラリーマン+アルバイトは給与所得になるので会社が源泉徴収という形でまとめて税金を支払います。

一方でサラリーマン事業収入の両方から収入得た時はこの図でいうアフィリエイト、ユーチューバー、フリマなどに当てはまるので税金は確定申告になります。

そのため、会社にバレずに副業を行うならアルバイトではなく事業収入であれば確定申告で申請方法を間違えなければほぼバレることはありません。

ちなみに住民税は一律10%ですが所得税は年収に応じて割合が異なってきますので参考までにご確認下さい。

 

引用:https://liberaluni.com

会社にバレないためには

先ほど紹介したようにアルバイトなどの給料所得は自動的に特別徴収という納税方法になりますがこの納税方法が会社にバレる可能性が高くなる諸悪の根源になります。

一方で副業でもアフィリエイトやユーチューバー、せどりなどで得た収入は確定申告で納税するため特別徴収を避けることが出来るので会社にバレずに副業を行うことができます。

そのため、この確定申告で税金を収めるということが重要になってきます。

この方法はやり方次第ではバレる可能性もありますが、実際のところ気をつけておけばバレることはほぼありません

確定申告で納税する場合、住民税の払い方に「特別徴収」と「普通徴収」があります。

この「特別徴収」を選んでしまうと上記で説明したように会社の給料から天引きになってしまうのでバレてしまいます。

一方で「普通徴収」を選ぶと自分で税金を収めることが出来るのでほぼバレません。

f:id:nariagariblog:20190923143321j:plain

確定申告で住民税を納税する際ここにチェックすれば大丈夫です。

このことにから会社には通知はいきませんので安心して副業をすることができますので確定申告をする際には気をつけましょう。

ちなみに副業を行っていても確定申告しなくあります。

 

引用:https://www.parthaken.jp/column/work_style/part-kakutei-shinkoku/

このように年間20万円以下だった場合は確定申告は不要になります。

確定申告での注意点

上記の方法でほぼ会社にはバレないのですが1点注意しなければならないことがあります。

住民税は今住んでいる市町村に支払うので市役所などで対応しますが、確定申告をする前後で納税する市町村に確認を入れることです。

その理由としては地域によっては特別徴収を推進している地域があるので勝手に特別徴収に代えられる可能性があります。

そのため、確定申告前は給料所得のみ特別徴収でその他の収入は普通徴収にしてほしいと確認する必要があります。

それをどこで確認するのかと言いますと

メモ

東京23区なら区役所

それ以外なら市役所

そこの個人市民税課というところに確認すれば大丈夫です。

万が一確認した際にできないと言われたらそこは交渉し続けましょう。

普通徴収に出来ないことではないので後日別の担当者に相談するなり何かしらの行動を続けましょう。

また、確定申告後は人的ミスが起こる可能性を危惧して4月に再度担当者に確認してもらうことでさらに会社にバレるリスクは低くなるのでどうしてもバレたくない方はこのやり方を推奨します。

まとめ

 

今回の内容はサラリーマンが副業を始めても会社にバレない方法を紹介させていただきました。

気を付けるポイントをまとめさせていただきました。

ポイント

  •  アルバイトは給与所得なのでバレる
  • その他の副業は確定申告をすれば大丈夫
  • 確定申告でも普通徴収を選ぶ
  • 確定申告前後に市町村に確認

重要なポイントはこの4点になります。

会社が個人を守ってくれなくなり自分の身は自分で守る時代になってきました。

副業をしたいと思っていても会社にバレる懸念がありなかなか始められない方もいらっしゃるとは思いますが、やり方を間違えなければバレることはほぼないので安心して副業に取り掛かりましょう。

節税についても以前紹介しておりますのでこちらも併せてご覧下さい。

節税対策〜お金を守る編〜詳しくはコチラ

また、こちらの本が見易くてわかりやすいので副業+確定申告にご興味があればご覧下さい。

-税金

Copyright© 副業と投資でセミリタイア!成り上がりサラリーマンの情報強者への道 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.