おすすめ記事

資金構築

2021/9/14

【永久保有】株式投資を始めるならまず購入すべき「高配当」+「株主優待」おすすめ5銘柄

「株式投資を始めたいけど何を購入すればいいかわからない…」 「どんな企業を選べばいいの?」 「配当金と株主優待がある企業を知りたい!」 株式投資を始めようと思ってもどんな会社を選べばいいか、情報が多すぎて選ぶのが難しいですよね。 実際に私達が購入できる企業(上場会社数)は全ての証券取引所を合わせて約3800社ほど存在します。 その中から数社を選んで株を購入するのは現実的に難しいので、購入する基準を決めることが重要です。 そこで今回の内容はこれから株式投資を始める方におすすめな「高配当」+「株主優待」銘柄を ...

ReadMore

今後の人生論

2021/9/22

【目標公開】夢実現に向けて2021年にすべき6つの取り組み内容

人生で達成したい目標はさまざまありますが、直近で目指している目標は2022年3月までに今勤めている会社を辞めることです。 もちろんですが、会社を辞めることが最終的な目標ではなく、今後さらに大きな目標に向けてのステップアップとして考えております。 そのため、セミリタイアという言葉が適切な言葉なのかはわからないですが、会社員として会社に依存する働き方からは来年をもって卒業する予定です。 そこで今回のは目標に向けて2021年に取り組む内容について紹介します。 こんな方におすすめ 将来的にセミリタイアを考えている ...

ReadMore

節約術

2021/9/16

【超お得】ふるさと納税の仕組みをわかりやすく完全解説

「ふるさと納税がお得ってよく聞くけどなんで?」 「仕組みがイマイチわかないからなかなか始めれない…」 「具体的にどうお得になるのか知りたい!」 ふるさと納税という言葉はよく耳にしますが、仕組みや具体的にどのくらいお得なのか理解している方はそこまで多くないのではないでしょうか。 実際にまだ始めたことが無い方はどのくらいお得なのかイメージができないのでやっていないという方も多いと思います。 そこで今回はふるさと納税について仕組みから具体的にどのくらいお得なのか紹介します。 こんな方におすすめ ふるさと納税の仕 ...

ReadMore

資金構築

2021/9/23

【資産形成】30年間貯金0円だった会社員が1年半で500万円の資産を貯めた5つの方法

「お金を貯めたいけど、何をしたらいいの?」 「我慢する節約はできるだけしたくない!」 「30代にもなって貯金は全然ないけど大丈夫?」 私は30歳頃まで貯金したことがなくお金を貯めるという概念がありませんでした。 むしろ、手持ちのお金もなくクレジットカードを活用して自転車操業でやり繰りしていたぐらいのレベルで生きていました。 そこで今回の内容としては今まで貯金が出来なかった人間が、1年半で500万円もの資産を形成出来た理由について紹介します。 以前Twitterでもこのように呟かせていただきました。 とりあ ...

ReadMore

今後の人生論

2021/9/23

【個人目標】2020年の目標公開!この投資と副業で私は成り上がります

2019年は仕事やお金に対する考え方や将来に向けての取り組みなど今後の人生を考える時間が多かった年でした。 ある程度知識をインプットすることができた点や今後のやりたいことも見えてきたのでこれらを踏まえて2020年の目標を決めました。 今回の内容としては自分へのけじめと覚悟としブログで報告させていただきます。 ちなみに2019年の目標はこちらでした。 【4つの資産形成の柱】2019年の目標を公開!私はこれで成り上がります 2019年は大枠でどのように稼いでいくかについて目標を立てました。 2020年からはそ ...

ReadMore

楽天経済圏

2021/9/23

【楽天ふるさと納税】おすすめの返礼品のレビュー!ポイントも貯めてお得

「楽天ふるさと納税を始めたい!」 「おすすめの返礼品を知りたい!」 「ふるさと納税で楽天ポイントももらえるの?」 ふるさと納税のサイトは様々ありますがどのサイトを使うのが1番お得なのか迷われることもあるのではないでしょうか。 各サイトそれぞれの特徴がありますので一概にどれがいいのかは最終的に個人の判断になると思いますが個人的には楽天ふるさと納税がおすすめです。 そこで今回の内容として楽天ふるさと納税の始め方と以前頼んだ返礼品のレビューを紹介していきます。 こんな方におすすめ ふるさと納税を始めようと考えて ...

ReadMore

節約術

【節税対策】サラリーマンでも簡単にできる税金からお金を守る方法を解説

f:id:nariagariblog:20191012145417j:plain

「サラリーマンでも節税ってできるの?」

「ふるさと納税を始めてみたい!」

「iDeCoってどんな制度なの?」

サラリーマンでも節税できる方法があるのはご存知でしょうか。

先ほどあった保険料の控除申請や家を購入したときに使える住宅ローン控除などありますが一部の方のみで誰でも使用できるものではありません。

また、当サイトでは保険の加入やマイホームの購入をあまりおすすめしておりませんが節税目的でこれらのものを始めるとかえって費用が大きくなってしまいます。

そこで今回の内容としてはサラリーマンの方でも簡単でお得に出来る節税対策について解説していきます。

こんな方におすすめ

  • 効率よく資産を形成していきたい方
  • お得に節税できる仕組みを知りたい方
  • 今後副業を始めようと考えている方
  • 資産運用やふるさと納税などに興味がある方

特にお得にお金を貯めたい方などはぜひ参考になると思いますので実際に家計をイメージしてご覧いただけると幸いです。

資産形成の4つのステップ

効率的に資産を形成していくためには重要なポイントにとして大きく分けて4つのステップがあると考えております。

資産形成の4つのステップとして

ポイント

①お金を貯める(支出削減)

②お金を稼ぐ(給料を上げるor副業)

③お金を増やす(投資or資産運用)

④税金からお金を守る(節税)

その中でも今回紹介するのは④税金からお金を守る方法について紹介させていただきます。

そのほかの記事に関してはこちらでも紹介しております。

・お金を効率的に「貯める編

【支出見直し】出費を減らして貯金を増やす方法〜資産形成の4つステップ〜

・会社の給料以外でどうお金を「稼ぐ」か紹介してます。

【副業始め方】会社員でも出来るお金の稼ぎ方!経済的自由へのステップを解説

・お金を投資に回して「増やす」方法。

【資産形成】投資初心者でもお金を効率的に増やすおすすめの方法!

ぜひ併せてご覧下さい。

税金の仕組みを理解しよう

まず節税を考える上で重要なポイントは税金について知ることです。

普段生活する中で税金は大きく関わってくるので切り離せない存在になっております。

一方でその印象はざっくりしかなく具体的にどのくらい取られているのか意識している方は少ないのではないでしょうか。

まずは普段の生活でどのような税金が関わってくるのか紹介致します。

所得税

f:id:nariagariblog:20191201095716j:plain

所得税率の計算にご注意!所得税の超過累進税率の仕組みとは | マルナゲ

所得税は所得に合わせて5〜45%所得税をに納税しなければなりません。

所得のレンジに関しては上記の表を参考にご確認下さい。

会社員の方は1〜12月に稼いだ給料を源泉徴収で会社が先払いしているので自分がどのくらいのレンジにいてどのくらい支払っているかあまり馴染みがないものではないでしょうか。

ちなみに事業者は今年の所得は翌年の3月に納税しなければならないので非常に身近なものとなっております。

また、よくありがちな間違いとして例えば年収が200万円の方の場合、レンジとしては10%ですがこれは200万円全てにかかるわけではありません。

195万円以下までは5%で出た5万円のみ10%の計算になりますので給料が増えたのに手取りが減ったということはありませんのでご安心下さい。

このように所得税は稼いだ額に応じて収める税金の金額が変動していることが特徴になります。

住民税

所得税は稼いだ額に応じて変動していましたが住民税は所得に関わらず10%市町村に納税しなければいけません。

会社員の場合は去年の住民税を来年に支払うので基本的に後払いになります。

6月から所得税が変わるので覚えときましょう。

事業主の方は6月に一括で払ったり年に4回分けて払ったりします。

ちなみにふるさと納税を始めた方は今年の分は来年の6月から適応になりますのでこの点はご認識下さい。

こちらも勘違いされやすい間違いとして市町村によって住民税の収める額が違うと言われたりすることもあります。

ただ、その市町村でも一律10%と決まっているのでそれは間違った認識になるのでご注意下さい。

所得税と住民税の違いをまとめた表になります。

f:id:nariagariblog:20191201103751p:plain

所得税と住民税の違い|絵で覚える税金

以上のことからも所得税と住民税は支払う金額の割合も違ってきますし、支払う時期も異なってきますのでこのポイントだけ覚えておいて下さい。

社会保険料について

給料明細をみると所得税と住民税以外に引かれている箇所がありますがそれが社会保険料になります。

こちらの図でもありますように(A)が該当します。

引用:マネープラス

所得税や住民税よりもインパクトのある学になっておりますが今何かと話題の社会保険料に関しても解説していきます。

まずはこちらのグラフをご覧ください。

f:id:nariagariblog:20191201104103p:plain

このように社会保険料というのは毎年上がっていることが特徴です。

その背景として少子高齢化によって医療費が年々上昇していくにも関わらず税金を払う現役世代が少なくなっていることが挙げられます。

日本が誇る国民皆保険制度もこのお金で成り立っているということがわかります。

社会保険の種類としては

ポイント

  • 医療保険国民健康保険、健康保険)
  • 年金保険(国民年金、厚生年金)
  • 労働保険(雇用保険、労災保険)

大きく3種類に分かれていますがその種類の中でも国民健康保険国民年金に関しては事業主が入る保険となっており、その他は労働者(会社員)が入る保険となってので覚えておきましょう。

支払い時期は会社員は毎月給料から天引きされております。

社会保険料は支払う額も多く、年々上がり続けていることも私たちの手取りの給料が上がらない大きな原因となっております。

f:id:nariagariblog:20191201105035j:plain

このようにアベノミクス以降年収は上昇傾向にありますが、それ以前は年々減少傾向にあり、リーマンショック皮切りに大幅に減少しております。

平均年収は上昇傾向にありますが、それでもまだリーマンショック以前と比べても回復していない状況です。

注意ポイント

  • 上がる社会保険料
  • 下がる年収

この2つこそが生活が豊かにならない最も大きな原因となっていることは今後の重要なポイントになります。

税金と社会保険料の違い

これまで所得税や住民税のような税金と社会保険料を紹介させていただきましたがその大きな違いを解説致します。

ポイント

  • 税金は「課税所得」にかかる
  • 社会保険料は「給料」にかかる

となっております。

これがどういう意味なのかまず課税所得と給料の違いについて紹介します。

注意ポイント

・会社員の場合
給与ー控除=課税所得

・事業主の場合
売上ー経費ー控除=課税所得

・社会保険料に関して
4ー6月」の平均の給料にかかってきます。

税金に関しては「控除」であったり「経費」を上手く使うこと税金と上手く向き合う重要なポイントになってきます。

これらのことを「節税」といい、サラリーマンでも節税できる税金は所得税と住民税のことを指します。

一方でサラリーマンでは社会保険料に関しては守る方法がありません。

そのため、次から節税についての方法を紹介しますがこの所得税と住民税についてのことを意味しますのでご理解下さい。

サラリーマンでもできる節税の方法

先ほどまでの説明で節税のポイントとしては

ポイント

・「控除

・「経費

これらを上手に活用することが重要だということをお伝えさせていただきました。

ただ、会社員では控除といっても決められたものしかなく、こちらを上手に活用すること難しくなっております。

その為、会社員でできる節税は限られてきますが次項から対策について紹介していきます。

ふるさと納税

皆さんも1度は聞いたことがあるとは思いますが節税対策で1番有効な手段となります。

ふるさと納税の仕組みとしてはこのようになっています。

引用:ふるさと納税ナビ

ふるさと納税とは「納税」という言葉がついておりますが、実際には都道府県、市町村への「寄付」になります。

寄付する市町村をふるさと納税サイトで選び寄付することで返礼品を受け取ることができさらに税金面でも優遇される制度です。

この図でもありますように5万円寄付した場合、実質2000円で返礼品をもらうことができ、残りの4万8千円は来年の住民税から控除されます。

この制度の優れた仕組みは上限額までいくら支払っても実質2000円なのでお金に余裕がある方は限度額のぎりぎりまで寄付することをおすすめします。

限度額については年収や家族の状況によって1年間に寄付できる上限額が決まっているので調べておきましょう。

引用:ZAIオンライン

また、通常は確定申告をしなければ住民税はかえってきませんが特例としてワンストップ特例制度というものがあります。

引用:辰野町

この図でもありますように寄付した自治体が5自治体以内だとこの制度を利用することができるのでこちらの制度もおすすめです。

ふるさと納税の詳しい説明に関してはこちらの記事でも紹介しております。

【超お得】ふるさと納税の仕組みをわかりやすく完全解説

サラリーマンまで簡単かつお得に節税することができる方法なのでまだ始めていない方これを機に始めてみましょう。

iDeCo

節税しながらお得に資産を形成していきたい方はこちらの方法もおすすめです。

イメージとしては資産運用しながら節税が出来る制度になります。

引用:ARUHIマガジン

こちらの図でもありますようにiDeCoで資産運用しているお金を控除に入れることができるので課税所得が下がりその分支払う税金も安くなります。

iDeCoの始め方に関しては各証券にお問い合わせすれば始めることができるのでご興味がありましたらぜひ問い合わせて見て下さい。

ちなみに証券会社はSBI証券楽天証券がおすすめです。

参考

参考

まだ証券会社の口座開設をしていない方はどちらも手数料が安くて銘柄の種類も豊富なのでどちらかを開設しておきましょう。

口座を開設したら次に投資先を選ぶ作業になります。

選び方は個別の企業を選ぶのではなく、日本や先進国、全世界などの国から株式、債権、REITなどを選び大枠で購入していく形になります。

ちなみにiDeCoも掛金を無制限にできる訳ではなく限度額がありますのでご注意ください。

引用:iDeCo公式サイト

自営業者か会社員、専業主婦(夫)によって掛け金の限度額が異なりますが会社員のみ更に違ってきます。

会社によっては企業が掛け金を支払う企業型DCという制度があるところもありますのでそのような場合は個人で出来る金額が減りますのでこちらのご注意ください。

掛け金がそのまま控除になるので節税効果も高いiDeCoですが60歳まで資産を引き落とすことができないという特徴があります。

そのため、急な出費には対応できないので老後の資産形成目的で行うことがおすすめです。

医療費控除

よく病院や薬局で薬を購入している方のみが対象になる制度です。

年間(1〜12月)の医療費が10万円以上かかった場合に適応される制度で超えた金額に対して控除される仕組みになります。

この10万円以上という金額は自己負担額になりますが本人だけでなくご家族の分も合算することができるのも特徴です。

ちなみにこの医療費というのは基本的に病院の診察代と薬剤費のことを指しますがそれ以外は以下の通りになります。

メモ

  • 医師、歯科医師いよる診断・治療のための費用
  • 入院時の食事代・部屋代
  • 治療のための医薬品購入時の費用
  • 治療のための指圧師、はり師等に支払った費用
  • 通院のためにかかった交通費

また、レーシックやインプラント代も対象になるので意外と広く使用することができます。

ただ、控除を受けるためには確定申告をしなければいけません。

そのため、病院等でもらう領収書は保管しておく必要がありますのでとっておきましょう。

詳しい説明に関してはこちらの記事でも紹介しておりますのでご興味がありましたら是非ご覧ください。

【保険の見直し方】医療保険は不要!?高額療養費制度と医療費控除について解説

事業主になるメリット

最後に少しハードルはありますが副業などの事業を行っている場合であれば個人事業主になることで節税できるメリットを紹介させていただきます。

まず前提として会社員である限り税金から所得を守る手段は先ほど紹介した以外にはあまり多くはありません。

そのような状況の中で所得を守るのかと言うとそれは事業を行うことで控除経費を上手く活用することが重要になります。

なぜ事業主になることがメリットなのかその理由として

ポイント

  • 青色申告所得控除を受けれる
  • 経費申請が認められる
  • 社会保険の負担なし

以上のメリットがあります。

経費申請が認められる点や青色申請控除が受けれる点は非常に大きなメリットとなっておりますのでこれらを上手く活用することで所得を守ることができます。

また、事業と言ってもそんな大きな規模でなくて大丈夫です。

後ほどその紹介もさせていただきます。

また、上記で紹介したメリットの中で特に青色申告に関して節税という面では非常に重要になっています。

f:id:nariagariblog:20191201112825p:plain

副業サラリーマンに必須の確定申告まとめ〜副業解禁時代を生き抜くために〜 | ノマドジャーナル

白色申と青色がありますがここでは青色申告になります。

主な違いはこちらになります。

引用:https://keiei.co/aoiro-shiroiro-chigai/

簡単に説明すると青色申告を行うことで最大65万円の控除を受けることが出来ます。

この控除がどのような面で役に立つのか説明させていただくと

引用:https://switch.or.jp/blue-return-special-deduction-1090

このように控除を入れることによって課税所得を減らすことができ、その分税金を少なく払うことが出来きます。

注意点としてこの制度は事業主が事業不動産の収入がある場合のみできる申告方法となっております。

そのため、事業としての売上がないと利用することが出来ませんのでご注意を。

先ほど経費が使用できるようになるとお伝えしましたがどのような対象になるか一覧でまとめさせていただきました。

参考

  • 消耗品費
  • 旅費・交通費
  • 通信費
  • 接待交際費
  • 新聞・図書費
  • 減価償却費

などを経費として計上できる仕組みになります。

自分の事業に関連することのみになりますが、家賃や光熱費の一部も経費で認められるのでその分課税所得を減らし税金を減らすことが出来るので非常にお得です。

事業といっても副業レベルで大丈夫なのでどんな副業があるかはこちらの記事でも紹介しております。

【副業】サラリーマンにおすすめ5選!月5万円稼ぐ方法を難易度も含めて解説

ご興味がありましたら是非ご覧ください。

年間20万円以上利益が出た場合は税金を支払わなければなりませんので今後、副業で稼ぐつもりなのであれば今から個人事業主も取得していてもいいのではないでしょうか。

ちなみに副業が会社に禁止されている場合はバレない方法もありますので詳しくはこちらの記事でも解説してます。

【確定申告】サラリーマンでも副業が会社にばれない方法について解説

サラリーマンでも制度をうまく活用して節税しよう

今回の内容としては資産形成の4つのステップのうち税金からお金を「守る方法」について紹介させていただきました。

会社員である以上、税金から所得を守る手段は残念ながら多くはありません。

その為、個人事業主になることで控除経費を上手く活用することで所得を守ることが今出来る一番大きな節税方法となっております。

また、昔と比べて個人でお金を稼ぐハードルはかなり下がってきました。

その中で上がり続ける社会保険料と下がり続ける年収。

この負のスパイラルから脱却する為には自分で稼ぐ力が重要になってきます。

今の生活に何かしらの不満がある方はぜひ行動から始めましょう。

確定申告や経費についてさらに勉強されたい方はこちらの本がおすすめです。

漫画を読んでいるようでコミカルに税金を学ぶことができるのでこちらもぜひご覧ください。

スポンサーリンク

-節約術

© 2021 会社員が副業と投資で成り上がるブログ Powered by AFFINGER5